地域限定保育士とは |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

地域限定保育士とは

最近、地域限定保育士という言葉を耳にするようになりましたが、普通の保育士とは何が違うのかを少しご説明させて頂きます。

地域限定保育士の正式名称は『国家戦略特別区域限定保育士』と言います。

これは首都圏の待機児童問題の対応の一環として保育士不足の緩和の為、国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部をで行っているシステムです。通常年一回の保育士試験が特定の地域のみ2回できるようなり、このシステムを利用して資格を取得した方は資格取得後3年間は当該自治体内のみで保育士として働くことができ、4年目以降は全国で働くことができる保育士資格です。

要するに『年一回の保育士試験が特定地域のみ2回でます。ただこの制度での資格取得者は
3年間はその受験した特別区でしか保育士として働けません。』
といったシステムなのです。

ポイントは、『受験した特別区でしか保育士として働けません』というところが大切です。

 

2015年度に制度が施行され試験が実施されたのは、大阪府、神奈川県、沖縄県、千葉県(成田市)の4府県限定となっています。宮城県仙台市もからこれを導入する方向で進んでいるようです。

保育士を目指す方にとっては保育士資格を取得できるチャンスが年2回に増えたことは非常に嬉しいことですが、資格取得者は3年間はその受験した特別区でしか保育士として働けないことはデメリットですね。

試験回数を年2回にし、資格者を増やせば保育士不足の根本的な解消になるのか!?

政府は保育士不足の解消のために、『地域限定保育士』のシステムを作りましたが、保育士さんの大半が女性です。女性が長く働き続ける為には賃金の見直しや労働条件の見直しなどに目をむけ改善していかないと資格者を増やしたところで結局は長期雇用維持することは難しいのではないかと思います。政府には並行して保育士の処遇改善にも目をむけていただきたいものですね。弊社もこの問題にどのように貢献できるか日々考えていきたいです。

 

 

Person’s株式会社では、神奈川県内の保育園や病院内・施設での
保育士・栄養士・調理師さんのお仕事の求人をたくさんご用意しております♪

新着求人を日々掲載していますので、
お仕事をお探しの方、ご検討中の方、この機会にぜひいかがでしょうか?

詳しくははぴほいくをご覧ください★”

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加