2つの熱に気をつけよう |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

2つの熱に気をつけよう

温暖化が進み例年より気温が高いことが多くなってきました。
お子さんを預かる保育士さんにとって神経を使うのではないでしょうか。
今回は「熱」に関する特集をしたいと思います。

熱中症にご注意

様々な気象条件が重なると夏ではないのに気温が30度を超えることがあります。
大人でも辛い暑さですが、大人より暑さに弱い乳幼児はもっと大変です。

乳幼児の年齢はまだ体温調節機能が未発達で汗をかく機能が未熟で身体に熱がこもりやすく体温が上昇しやすくなります。
この他に自分で水分を補給したり服を脱ぐなどができないため熱中症のリスクが高くなってしまいます。
また、遊びに夢中になりすぎてしまい熱中症に。ということもあります。

保育士さんであれば細心の注意をはらっているとは思いますが、ここで予防のポイントを挙げていきましょう。

1:顔が赤く、ひどく汗をかいている場合は涼しい場所で十分な休息をとらせる

2:子どもは大人より身長が低いため照り返しの影響を大人より受けるので常に意識する

3:熱中症予防に水分補給は大事。水筒などを持ち歩き小まめに補給させる(塩分も忘れずに)

4:適度に運動をさせ暑さに強い身体を作る。過度な運動はNG

5:帽子をかぶらせる

子どもによって個人差があるので細心の注意をはらっても熱中症になってしまうこともあります。
次に書くのは熱中症の対処や判断について書いていきたいと思います。

熱中症の対策と判断

熱中症になると身体に様々な症状が出てきます。

めまい、失神、頭痛、吐き気、筋肉痛、筋肉の硬直、大量の発汗、高体温、倦怠感、虚脱感など

上記の症状が園児さんに出てしまった場合は、意識の確認をしましょう。

意識がなかったり、返事がおかしい場合は速やかに救急隊の要請を行いましょう。
意識がある場合は、木の下などの涼しい場所へ避難をさせ、脱衣と身体の冷却を行い水分をとらせます。

もし、自力で水分を摂取(コップに入れた水分が飲めない)できない場合は、医療機関へ搬送し適切な処置を受けましょう。
自力で水分の摂取ができる場合は、先程書いた通り水分と塩分を補給させ様子を見ます。

それでも回復しない場合は医療機関へ搬送をしましょう。

プール熱に気をつけよう

夏になると保育園でもプールがあると思います。
そんな時期に流行る「プール熱」について書きたいと思います。

プール熱とは、「アデノウィルス」が原因でプールの水を媒介にして感染する病気です。

2日~14日の潜伏期間ののち症状が出てきます。
具体的には以下の通りです。

・咽頭炎(のどの痛み)

・結膜炎(目の充血)

・39℃前後の発熱が数日から1週間続く

・頭痛、食欲不振が3日から7日続く

・目が充血し涙が多くなる、まぶしがることがある

特効薬がなく、一度かかってしまうと長くつらい症状が続きます。

その為、「プール熱」には予防しておく事が大切です!

プールからあがった後は、うがい・手洗いを必ず行いましょう。

また、タオルを共有して感染した例もあるので、タオルの貸し借りはやめておきましょう。

主な症状が消えてから2日を経過するまでは登園を控えることも大事です。

子どもにとっては大好きなお水遊び♪

きちんと予防して、楽しい夏が過ごせるように大人が配慮してあげたいものですね☆

如何だったでしょうか。
今回は2つの「熱」というキーワードについて特集をしました。

これからさらに暑くなるシーズンに突入します。
既にご存知だとは思いますが、改めて復習しておきましょう。

この他にも保育士さんへのお役立ち情報を随時更新中。
元保育士ライターさんによるコラムも掲載中

下のリンクから閲覧することができるので気軽にご覧下さい♪
【お役立ちページへのリンク】
その他のお役立ち情報は↓コチラ

保育お役立ち情報公開中♪

また、はぴほいくでは、南関東を中心に保育士求人を取り扱っています。
人気求人も随時公開されていますので、是非ご覧下さい。

東京
東京都の求人一覧

神奈川
神奈川県の求人一覧

千葉
千葉県の求人一覧

埼玉
埼玉県の求人一覧

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加