【保育園紹介】新桜ヶ丘保育園 |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

【保育園紹介】新桜ヶ丘保育園

新桜ヶ丘保育園は、社会福祉法人相愛会が運営する、保土ヶ谷区の認可保育所です。JR横須賀線「東戸塚駅」または相鉄本線「二俣川駅」から、相鉄バス「新桜ヶ丘保育園前」を下車徒歩3分の距離にあります。

定員は60名で、0歳3名、1歳6名、2歳が6名、3歳~5歳が15名ずつでお預かりしています。保育時間は、朝夕の延長保育も含めると、平日と土曜ともに7:00~20:00で受け入れをしています。


社会福祉法人相愛会の本部は、長崎県雲仙市の国見町にあり、雲仙市内の2園と、横浜市内の「新桜ヶ丘保育園」と「善部保育園」で、合わせて4つの保育園を持っています。

今回ご紹介する新桜ヶ丘保育園は、横浜市から平成20年4月に民間移管された保育園で、保育方針は『子どもの今に合わせ、今を拓くことのできる保育の追及』です。子どもたちそれぞれの発達順序に応じて、多方面からアプローチしていく保育に取り組んでいるのだそうです。


全職員は、リズム遊びや描画を”カルテ”としながら、感覚統合等の医学的分野も視野に入れて保育にあたっており、子どもたちの状況を細かく読み取っているのだといいます。その日の体調や心情的な関係性も探って、総合的に判断しているのだそうです。


例えば集中できなかったり、仲間に入れずにいる子どもに対しては、生活リズムなど家庭での状況や変化を保護者から丁寧に聞き取って、その子にとってどのようなサポートができるかを全体で考えるのだそうです。その際にも、幅広い年齢層の保育士集団として、常に率直に意見を伝えあっているといいます。

子どもの状態を常に把握し、自分の力で自信を持って「生きる」ことができるようにサポートする保育を、追及していきたいと考えているのだそうです。


取材の中でお話した子どもたちもとても元気で、お散歩で拾ったものや制作した作品を見せてくれたりしました。園内では、CDや放送を使用しておらず、その理由は人との会話やピアノの音、風や雨の音などに、関心を持てる保育を重視しているからなのだそうです。

日本には古くから、『まなかい』という言葉(本来は、目と目の間の空間のこと/目交い・眼間)があります。それを保育の中で、目と目を交わして基本的信頼関係を作っていくために大切なことのひとつとして捉えているのだそうです。

特に、授乳時の『まなかい』はとても大切で、お母さんにはTVを観ながらや、携帯電話を使いながらの授乳は、絶対にやめるように徹底して伝えているそうです。


子どもの発達に合わせて保育をするために、園内の環境を整備することにも意識を注いでいるそうです。

置き方によって乳児から幼児まで、何通りも使える箱型のイスは、ひとつひとつが材料や重さにも配慮をされた、特注品なのだそうです。必ず、使用する子どもの足が床に着くように作られていることにも、園のこだわりを感じることができます。


また、読み聞かせには、絵本以外にも、ファーブル昆虫記など小学生が読むような本も取り入れていて、子どもたちの興味関心を広げているそうです。

「今後も、安全な保育と、保護者が安心して預けられるような、『人との和』も大切にした環境を、整えていきたい」とお話くださいました。


保育園の役割として、各家庭において『真の子育てパートナー』であれるように、情報発信にも力を入れているそうです。保護者から寄せられる相談に答えるだけでなく、園で取り組んでいることを伝えているそうです。

「自分の力で自信を持って生きていける、知恵のある賢い子どもに育てるためには何が必要なのか、常に追求していく保育のプロでありたい」と考えているのだといいます。


取材中、子どもたちは、必ず私の目を見て話しかけてくれたこともあり、普段から親や先生とも、そのように過ごしているんだなと感じました。また、お話を聞く中で、園長先生をはじめ職員にも「どうしたらこの子にとって良いのか」を考え、専門性を前面に出して共に育て成長していこうという様子が伺えて、とても安心して預けられる保育園なのではないかと感じました。

園長先生から、保育園をお探しの父母の皆様へメッセージをいただきました。

「新桜ヶ丘保育園では、生のピアノ演奏以外の音や映像は流していません。メディアや携帯電話などの『大人の社会の利便性』は、子どもを生きにくくし、社会的な発達障害を起こしていると言っても過言ではありません。キレやすい子ども、キレやすい大人を育てているようなものです。

普段から、特に食事中には必ずテレビを消して、会話をしながら食事を楽しんでほしいと伝えています。特に乳児期は、人を信じ自分を信じる“基本的信頼関係”を構築するのにとても大切な時期なので、授乳中にもしっかり目を見て『まなかい』してほしいと思います。」

 

社会福祉法人 相愛会 
新桜ケ丘保育園

神奈川県横浜市保土ヶ谷区新桜ヶ丘2-41-9
  • TEL:045-351-6087
  • FAX:045-351-6135
  • 定員:60名(0歳児3名、1歳児6名、2歳児6名、3歳児15名、4歳児15名、5歳児15名)
  • 開園時間:平日 7:00~20:00
        土曜日 7:00~20:00
  • 休園日:日曜日・祝日・年末年始(12月29日 ~1月3日)
  • アクセス:JR各線「東戸塚駅」よりバス
  •  

  • 新桜ケ丘保育園←保育園のHPはコチラ

横浜市保土ヶ谷区の求人一覧
 
横浜市の保育士求人・派遣←神奈川県TOPに戻る

保育園紹介 横浜一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加