育休と産休の違い |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

育休と産休の違い

 

皆さんは、育休と産休の違いってご存知ですか?

仕事と育児を両立する女性が増えてきている中、
働いている女性は産休と育休のどちらも取るケースが多くなっているようです。
しかし産休と育休の違いがよく分からないという方、意外と多いのではないでしょうか?

今回は育休と産休の違いに関して簡単にまとめていきたいと思います。

 

dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

 

<はじめに>

育休とは「育児休業制度」のことを指します。育児・介護休業法という法律があり、この中で「原則として子が1歳に達するまでは、一定の要件を満たした労働者は事業主に申し出ることによって、育児休業を取得できます」と記載されています。

育児休業の申し出は、休業開始予定日の1ヶ月前までに会社へ書面で行い、会社はその書面をもとに「育児休業取扱通知書」を交付します。

原則は子が1歳までですが、保育所に入所できなかった場合や、面倒を見るはずだった者が病気やけがなどをしてしまうなどの事情がある場合は、最長1歳6ヶ月まで育児休業を延長できます。

 

<「産休」は女性のみが取得できます>

産前休業と産後休業を合わせて「産休」と言います。働く女性が出産の準備をする期間と産後に体力を回復するための期間で、労働基準法第65条に基づきます。

・産前休業:出産予定日の6週間前(双子以上の場合は14週間前)から
・産後休業:出産の翌日から8週間は就業不可

なお、産後6週間後で本人が請求し、医師が認めた場合は就業可能となっています。休業中の給付金は加入している健康保険組合の方から出ます。

 

<「育休」は男女ともに取得できます>

育児休業を略して「育休」と言います。産後休業が終わってから、子供が1歳になるまでの期間で取得できます。男性の場合は、配偶者の出産予定日から休業申請が可能です。

休業中の給付金は、加入している雇用保険制度から支給されます。また育児休業中は年金事務所へ申し出ることによって、健康保険および厚生年金保険料の免除を受けられます。

 

ざっくりと簡単にまとめてしまうと、
産休は産前休業・産後休業を合わせた女性のみが取得できるもの、
育休は男女ともに取得できるが申し出が必要なものといった感じなんですね!

不安は少なからずストレスにつながり、そのストレスは心身に影響していきます。

育休・産休面の他にもたくさんの不安がある時期だからこそ
ある程度理解したうえでこのような制度を利用し、
不安要素をできるだけ取り除いていくことが大切だったりするのかなと思いました。

 

また、今は昔と違い女性だけではなく、
男性で育児休暇を取得している方も少なくはないと思います。

そして、産休と育休ともに、休業中の日数に対しての補助金があります。
こちらも産休や育休によって違いがあったりするのでしょうか?

次回はそういった
「産休と育休それぞれの給付金がもらえるタイミング」
「男性にも積極的に育児休業を取得してもらおうという目的」
厚生労働省が作った制度についてまとめていきたいと思います。

気になる方はコチラから閲覧ができます。
 

この他に元保育士さんライターによるコラムや、元保育士さんの社員によるお役立ち情報やオススメの本を紹介しています。
この他のお役立ち情報は下のリングからご確認ください。

【お役立ちページへのリンク】
その他のお役立ち情報は↓コチラ

保育お役立ち情報公開中♪

はぴほいくでは南関東を中心に保育士・幼稚園教諭・学童指導員などの求人を多数掲載中
人気エリアの求人や高条件求人なども随時更新中。
下のリンクから各エリアページを見れますので、お時間がある際に是非ご覧下さい。
ブックマークをしておくと便利です。
東京
東京都の求人一覧

神奈川
神奈川県の求人一覧

千葉
千葉県の求人一覧

埼玉
埼玉県の求人一覧

その他一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加