プリスクールとインターナショナルスクールの違いって? |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

プリスクールとインターナショナルスクールの違いって?


「将来グローバルに活躍できる子どもを育てたい!」と願う親が多いこともあり、
英語で保育するプリスクールインターナショナルスクールが増え、
今現代では、幼稚園の代わりに通わせるというのが選択肢の一つになっています。
今回はそんなプリスクールとインターナショナルスクールに
関してのお話しさせていただきます!

プリスクールとは

近年特に数を増しているのが、プリスクールです。
保護者さまから子どもたちをお預かりし、日中の保育を行うのが主な役割です。
対象は未就学児で、具体的な年齢や保育時間はスクールによって異なります。
通常の保育園との最大の違いは、保育の中に英語教育を入れるか入れないか、です。
保育園で行う保育というのは想像がつきやすいと思いますが、
プリスクールではその内容を英語のみで行うのが基本です。

幼少期のうちから国際感覚を養い、
将来グローバルな社会で戦うことのできる人材を育てることが目的であり、
海外のイベントを取り入れる、ネイティブスピーカーの先生を多く雇うなど、
各スクールで様々な取り組みがあります。
 

インターナショナルスクールとは

プリスクールが増加する以前からその名を知られていたのが、
インターナショナルスクールです。
英語を使用して教育を行う施設のことを指し、
利用する子どもたちは英会話を通してスクールでの生活を送ります。
英語を使って授業を行う小学校、中学校等も
同じようにインターナショナルスクールと呼ぶことがありますが、
ここでは就学前の幼児をお預かりする保育施設のこととします。

インターナショナルスクールは、その名が示すとおり、
国際社会で活躍できる人材を育てることが目的のスクールです。

こう書くとプリスクールとほとんど同じように聞こえますが、
それぞれには違いがあります。
その違いについて簡単にまとめさせていただきます!
 

歴史的な違い

プリスクールとインターナショナルスクール、
この2つのスクールは混同されて使われることがよくあり、
現在は明確な違いはないとする見方もあるようです。
しかし、歴史的な観点から見れば、両者にはハッキリとした違いが見て取れます。

歴史が古いのは、インターナショナルスクールの方です。
現在は「インターナショナルな子どもを育てる」としての見方が強くなっていますが、
初期は「インターナショナルな子どもを受け入れる」スクールとして運用されていました。
つまり、親の転勤で日本へ引っ越してきた外国人子女や、
一時的に海外生活をしていた帰国子女が日本でも不自由なく
学校生活を送れるようにしたものがインターナショナルスクールです。
海外へ引っ越すときに、お子さまを日本人学校へ入学させる親御さまは多いですが、
その逆と考えると分かりやすいでしょう。

対してプリスクールは、
日本生まれの、日本で育っている子どもたちの英語教育のために作られたスクールで、
インターナショナルスクールより後にできました。

その歴史は10年程度だといわれており、
多くの注目を浴びて、現在も数が増え続けています。
まさに、「インターナショナルな子どもを育てる」スクールだといえるでしょう。
 

スクールごとに違う

ただやはり、上述したように、
現在は両者に明確な違いはないとする向きもあります。

特にプリスクールの数が急増し、
各スクールがそれぞれオリジナリティを求めていろいろな施策を取り入れた結果、
一概には分けられなくなったからです。

そのため重要なのは、
そのスクールはどちらの性質を持っているのか、を見極めることです。
スクール名に「インターナショナルスクール」が入っていたとしても、
性質としてはプリスクールとして運営している施設も多くあります。

如何だったでしょうか。
はぴほいくでは、保育士さんへのお役立ち情報を随時公開しています。
元保育士ライターさんによるコラムも公開中
お時間がある方は是非、ご覧下さい。
【お役立ちページへのリンク】
その他のお役立ち情報は↓コチラ

保育お役立ち情報公開中♪

また、南関東を中心に保育士求人を取り扱っています。人気求人も随時公開されていますので、是非ご覧下さい。
保育士のお仕事をお探しの方
各都道府県の求人は以下のリンクから閲覧することができます★”

東京
東京都の求人一覧

神奈川
神奈川県の求人一覧

千葉
千葉県の求人一覧

埼玉
埼玉県の求人一覧

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加