【保育園紹介】桜ヶ丘保育園 |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

【保育園紹介】桜ヶ丘保育園

桜ヶ丘保育園は、社会福祉法人親正会が運営する、保土ケ谷区にある認可保育園です。東戸塚駅からバスで10分、閑静な住宅街の所にあります。0歳~5歳までの定員80名、延長時間含め平日は7:00~19:00、土曜日は7:00~18:00の時間帯でお預かりしています。

昭和47年の開園当時は、当地は宅地造成と県営団地の建設により人口が増加し、主婦の労働化も増加してきました。それにより乳幼児が家庭で十分な保育が受けられないという実態が生じたので、児童福祉の理念に基づいて、乳幼児の健やかな発達の為に良い環境を設定し、「桜ヶ丘保育園」が誕生しました。


「心と身体が強く育ってくれることが保育目標です。知ることより、自らが体験し、感じることの出来る子どもになってほしい」と、園長先生はお話ししてくださいました。桜ヶ丘保育園では、下記の目標を掲げ、元気いっぱいに過ごしています。

<保育目標> 桜ヶ丘保育園が目指す子どもの姿

  • 明るい子
  • 思いやりのあり子
  • 自分で考え行動できる子


毎週月曜日は0~1歳・2~3歳・4~5歳で混合保育を行っているそうです。混合保育や、行事を行う時にホールとしてパーテーションを開け、お部屋を広々と使っているそうです☆


3歳児から週に1回、英語と体育教室を保育活動で取り入れているそうです。英語は、ジャマイカ出身の先生がきちんとした発音で教えてくださり、体育教室も専門の先生が教えに来てくださるそうです。「英語を身につけてほしいのはもちろんですが、肌の色や髪の毛の色の違い、世界には様々な人種がいるという事を知ることもとても大切だと思います。子ども達には、そういう事も実際の目で見て感じ学んでてほしい」と話してくださいました。


毎日、本日の給食とおやつを展示(↑の写真)しています!栄養士さんと調理師さんが、栄養バランスを考え、旬の食材を取り入れた献立で、給食・おやつ共にすべて手作りだそうです。特に、給食は20品目もの食材を取り入れ、おつゆにも3種類もの具材を取り入れているそうです。食材も、白米と同じ口あたりで栄養価が高い『金芽米』や、新米を出してくれたり、食材にもこだわっているそうです。
栄養バランスもきちんと取れて、美味しい給食が食べられることは、子ども達はもちろん、保護者の方にとっても嬉しいですよね♪


『さくらっこまつり』という地域向けのお祭りでは、子ども達が作った手作りクッキーを販売したり、保護者の方から寄付品を頂いたり、親子揃ってみんなで楽しく参加しているそうです。また、地域の方や卒園児も遊びにくるので、みんなとの交流も楽しんでいるようです☆

さくらっこ広場(園庭開放)や、公園保育(毎週金曜日、2歳児が新桜ヶ丘第1公園で体操や紙芝居の披露)をしています。未就園児との関わる機会も多く設けているそうです。


「子ども達にはみんな様々な可能性を持ち、伸びる面をたくさん持っています。私たち保育園の役目は、『子ども』に種をまき、水や栄養を保育士や家庭、地域から受け、太陽を浴び、子ども達には大きな花を咲かせてほしい」と園長先生がお話ししてくださいました。
桜ヶ丘保育園にお邪魔すると、子ども達から積極的に私に話しかけてくれ、優しく迎え入れてくれたのが印象的でした。愛情いっぱいで家庭のような温かい保育園だな、と思いました。


園長先生から保育園をお探しの父母の皆さまにメッセージをいただきました。

「平日の午前中がオススメですが、いつでも大丈夫ですので、お気軽に見学しに来て下さい。」

 

社会福祉法人 親正会 
桜ケ丘保育園

神奈川県横浜市保土ケ谷区新桜ヶ丘1-34-19
  • TEL:045-351-2121
  • FAX:045-351-2137
  • 定員:80名(0歳児6名、1歳児9名、2歳児16名、3歳児16名、4歳児16名、5歳児17名)
  • 開園時間:平日 7:00~19:00
        土曜日 7:00~18:00
  • 休園日:日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
  • アクセス:JR各線「東戸塚駅」よりバス
  •  

  • 桜ケ丘保育園←保育園のHPはコチラ

横浜市保土ヶ谷区の求人一覧
 
横浜市の保育士求人・派遣←神奈川県TOPに戻る

保育園紹介 横浜一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加