【保育園紹介】銀杏保育園 |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

【保育園紹介】銀杏保育園

銀杏保育園は、社会福祉法人くすの樹会が運営する、戸塚区の認可保育園です。東戸塚駅からバスで約11分の所に位置しています。

延長時間含め平日・土曜日ともに午前7:00~午後8:00までの時間帯で、定員60名、0~就学前のお子さまをお預かりしています。


<保育理念>

興味津々・毎日元気!!
~自分で考え自分で選び、主体的に行動する子ども達に育てます~


平成24年に開園した綺麗な園舎は、太陽を活用した『蓄熱レンガ』を園内に設備し、0~1歳児のお部屋には床暖房完備しています。園内にはシーズンのディスプレーが所々に飾られていてオシャレな雰囲気でした☆


給食は、食材にこだわり、野菜は無農薬を使用しています。また、高菜味噌や梅干し等は子ども達と一緒に手作りしているそうです。今日の給食にはどんな食材が入っていたのか、みんなで考えて食品を栄養成分別のホワイトボードに貼ったり、子ども達が食材に興味が持てるよう、楽しく食育を取り入れていました。


1歳児・2歳児は、個々の生活リズムに合わせて昼食の時間やお昼寝の時間をずらしているそうです。子ども達も、遊び→昼食→お昼寝と自分の生活リズムがわかっているので、お友達が昼食を食べていても、自分の順番が来るまで隣で静かに遊んでいる様子には驚きました。

3.4.5歳児は、合同保育を行なっています。お兄さん・お姉さん達と共に過ごすことにより、年下の子ども達は年齢が上がることに期待を持ち、年上の子は年下の子に対して手伝ってあげたり、思いやる心が芽生えます。「子どもから子どもに伝えていく事を大事にしていきたい」と、終始にこやかな園長先生がお話して下さいました。


銀杏保育園は、自己決定できることを大切にしているそうです。例えば、1歳の時からトイレに行きたいのか自分で決めていけるように先生方が配慮しています。出来ることは自分でする、自分で決める、子ども達が自分で見通していけるように日々の保育をされていました。

クラスの名前をどうしようか、アクアリウムの水槽にはどんなお魚を飼育しようか、子ども達と一緒に考えて決めたり、子ども達と一緒に創り上げている保育園なんだなと思いました。子ども達の意思や意見をとても大切にしてくれるので、子ども達にとっても自信に繋がり、のびのびとたくましい子ども達の姿が見られました。


園長先生からメッセージをいただきました。

「子育ての主体は親御さん、という事を忘れずに、私たち職員は、子育てが辛くならないようにお手伝いさせていただいてます。普段の生活の中で、子ども達の何気ない発見や発想を大切にしていき、子ども達に教えるのではなく、伝えること、伝わることを大切にしたいと考えております。」

 

銀杏保育園
神奈川県横浜市戸塚区秋葉町147-1

保育園紹介 横浜一覧に戻る

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加