【保育園紹介】フレンド金沢文庫保育園 |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

【保育園紹介】フレンド金沢文庫保育園

フレンド金沢文庫保育園は、株式会社フレンド楽器が運営する、金沢区の認可保育園です。金沢文庫駅から徒歩2分、便利な駅近の場所にあります。延長時間含め、平日午前7:00~午後8:30、土曜日午前7:00~午後6:30までの時間帯で、0~2才児までの定員34名をお預かりしています。

2014年4月に「保育室フレンド能見台ステーション」と「保育室フレンド金沢文庫ステーション」が統合し、認可保育園「フレンド金沢文庫保育園」として新たな場所で開園しました。


<保育方針>

  1. 乳幼児期に最も必要な感性を音楽のあふれる環境の中で育む。
  2. 子供の発達に合わせ、遊びを通して創造力や自主性を養う。
  3. それぞれの子どもの個性を大切にしながら、思いやりの心を育てる。
  4. 養護と教育が一体となって、豊かな人間性を持った子どもを育成する。
  5. 子どもが健康、安全で情緒の安定した生活が出来るようにご家庭との連携を深めより良い環境を作る。


フレンド金沢文庫保育園で力を入れているのは、音楽教室英語教室です。

音楽教室は、ヤマハ音楽教室でも教えている専任講師が週1回教えに来て下さるそうです。乳幼児期に音楽を聴いたり、歌ったりすることで、豊かな心を育てることができるそうです。季節の歌をうたい、音楽を通じて日本の文化に触れています。
また、イギリス人講師による英会話教室を週1回行っています。小さなうちから外国人講師と英語に触れることができる環境は、子どもの英語への親しみ方に大きく影響すると言われてます。
たくさんの耳から入る情報で感性を育てながら、楽しい時間を過ごしているそうです。


食事とおやつは全て手作りです。離乳食中期、離乳食後期、離乳食完了期、普通食と、子どもの年齢に合わせて、栄養が整えられたメニューになっています。例えば、「レバー入りハンバーグ」や「南瓜の米粉クッキー」と、ご自宅では調理しづらいレバーなどの食材もあえて使用するなど、栄養バランスへ最大限配慮しています。また、夕方まで腹持ちが良いように、昼食とおやつとのバランスまで考慮した献立だそうです。


2014年に建てられた新しい園舎は、音楽と触れ合える設備がたくさんありました。例えば、保育室と給食室をつなぐ糸電話のようなパイプが設備されていたり、壁や床には太鼓や鈴の楽器が設備されていました。音が鳴る物大好きな子ども達は喜びますよね!音楽に囲まれ、遊び心溢れる園内、音楽に特化したヤマハ楽器運営ならではの保育園だと思いました。
また、子ども達が先生にたくさん甘えている様子が印象的で、先生達も子ども達をギューと抱きしめてあげたり、たくさんの愛情を注いでいる様子が見受けられました。たくさんの愛情と音楽に囲まれて、子ども達がのびのびと成長してくれるのが楽しみですね。


園長先生から、保育園をお探しの父母の皆様にメッセージをいただきました。

「フレンド金沢文庫保育園は、0歳から2歳までの乳児の保育園ですので、家庭的な雰囲気の中、子ども達の個性や発達を大切にする保育を心掛けています。見学にいらっしゃっる時は、事前にご連絡をいただきたいと思いますので宜しくお願いいたします。」

 

株式会社フレンド楽器
フレンド金沢文庫保育園

神奈川県横浜市金沢区釜利谷東2-16-30 高野ビル1F

保育園紹介 横浜一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加