【保育園紹介】シャローム三育保育園 |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

【保育園紹介】シャローム三育保育園

シャローム三育保育園は、社会福祉法人アドベンチスト福祉会が運営する瀬谷区にある認可保育園です。相鉄線三ツ境駅から徒歩12分の所にあります。園舎は、横浜市の建物「せやまる・ふれあい館」の一角にあり、シャローム三育保育園の他に、ケアプラザや生活支援センター等5つの施設が入ってます。

開園時間は朝・夕延長時間含め、平日7:00~20:00、土曜日7:00~18:00までの時間帯で、0歳~就学前までのお子様84名をお預かりしています。

西山 314西山 312
<教育方針>

キリスト教の愛を基に子どもの「知育」(考える力) 「徳育」(おもいやる心) 「体育」(けんこうな体)の調和ある発達を目的とした保育を行ないます

シャローム三育保育園の特長は、キリスト教の愛が基であることです。しかし、園長先生は「キリスト教母体でやっていますが、キリスト教の教えを強要するのではなく、思いやりの心や素直な心を育てることを大事にしています。」とお話してくださいました。

西山 304
0~2歳児は、家庭的な雰囲気の中で保育ができるようにしているそうです。例えば、まだ遊び足りない子に対しては、時間が許す範囲で遊ばせてあげたり、なるべく個人対応をするように心掛けているそうです。
3~5歳児になると、英会話教室と体操教室を週に1回ずつ保育活動に取り入れています。

又、未就園児に対しても英会話教室を月1回開催しているそうです。1ヵ月前より予約制なので、ご興味のある保護者の方は園にご連絡ください。


園の周りには、ピーマンやへちま、きのこ等の野菜を栽培しています。植える、育てる、収穫する、食べるということを、みんなで楽しみながら取り組んでいるそうです。こうした取り組みは、野菜への親しみや食材の大切さを自然に身につくのではないかと思います。


給食の時間では、お箸の持ち方や食べる姿勢についても指導しています。子ども達には、なぜ姿勢を良くして食べた方が良いのか、理由をきちんと話しているそうです。
また、食育に対して積極的に取り組んでいます。パン作りやスイートポテト、おせんべい作りにも挑戦したり、先生が国の格好に変身して、子ども達に世界の食事を紹介したり…子ども達には楽しい雰囲気の中で食に興味を持ってもらえるよう、毎年先生方が様々な工夫をしているそうです。


取材をしてみて感じたのが、シャローム三育保育園の子ども達は、周りに集まってきて、積極的に声をかけてきてくれたり、とても温かく受け入れてくれたことが印象的でした。子ども達が明るく、温かい子に成長しているのは、先生方が日頃から楽しい事を保育に取り組み、園内に笑い声が絶えないのが影響しているのではないかと思います。
又、周りには学校や畑があるので、広々した園庭で思いっきり遊べ、のびのびした環境で成長できる保育園ではないかと思います。
西山 327
入園や見学をご検討されているご両親へ園長先生からメッセージをいただきました

「明るい園庭で思い思いに元気良く遊んでいる子どもたちです。乳児の子どもたちが、お山に登ろうとしていると幼児が優しく手を引いているほほ笑ましい姿を見ることができます。保育士一同、子どもたちの豊かな成長を願っています。
また、保護者の皆様の子育ての思いを共有しながら日々、保育をしております。保護者の方の支援も行っておりますので、ご気軽にご相談ください。」

社会福祉法人 アドベンチスト福祉会
シャローム三育保育園

神奈川県横浜市瀬谷区二ツ橋469番地

 

保育園紹介 横浜一覧に戻る

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加