保育園の園長になるには |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

保育園の園長になるには


保育士さんが自分の将来のキャリアを考えたときに、園長になりたい、自分の園をもちたいと考える方は少なくありません。
しかし、どうすれば園長になれるかは意外と知られていません。
今回は、園長になる方法や仕事内容をご紹介します。

園長になるには

認可保育園の園長を目指す場合は、認可保育園で保育士としての経験があることが条件の場合が多いです。
一般的にはクラス担任、主任、副園長とステップアップして、園長となることが多く、最低でも10年ほど保育士の経験があることが望ましいでしょう。
しかし、必ずしも保育士資格が必須というわけではなく、異業種から園長として転職してくることもあります。

園長に必要な資質

・将来のビジョンと熱意
一番大切なことは経験ではなく、こんな風に園児や保護者と関わりたい、こんな園を作りたいという熱意です。

・コミュニケーション能力
園長は園長会などで他園との交流や、行政機関との関わりが多く、多方面の方とコミュニケーションをとる必要があります。
また、現場で働く保育士等とも密にコミュニケーションをとって、現場がうまく回るように管理します。園児や保護者と日々の会話を心がけることも大切です。

・冷静に客観的に物事をみる能力
保育園には園児や保護者、保育士等様々な人が関わります。
トラブルが発生することも珍しくありません。
そういったトラブル時も園長は冷静に対応する必要があります。
そのため客観的に物事を捉えられる方が向いています。

園長の仕事内容

・園の経営、資金管理
経営管理は園長の重要なお仕事です。
予算をたて、給与の額を決め、経費を見直し、補助金の申請に気を配り、経営状況を良好に保たなければなりません。
・施設の安全管理・衛生管理
子どもの安全を守るために、施設の備品や防災設備の管理・修繕を行います。
また、給食の味などに問題がないかチェックするため検食を行います。
・保育士の管理・指導
保育士のシフトは園長と保育士が相談して決めます。
また、保護者からクレームがあったら、保育士と面談や指導を行います。
・他園や行政など外部との交流
園長会や行事への参加、行政機関との交渉など頻繁に外出します。
・事務作業
行事のお知らせや保護者へのお手紙など、間違いがないか書類の最終チェックをします。
事務作業にミスがあれば保育園の信頼に関わるため、気を抜くことはできません。
・保護者対応
保護者からのクレーム対応や入園相談を行います。
また、お迎えに来た保護者に声掛けをして育児の相談にのるなど、日頃からコミュニケーションをとることも大切です。
・採用
保育士等の募集や採用面接を行います。
・現場の把握・改善
保育士や調理師など全職員に目を配り、現場の声に耳を傾け、より良い園にするための改善を行います。
ときには子ども達と遊び様子を把握します。

園長の給与

園長経験がない場合、月給25万円~が基本です。
園長経験ありの場合は、月給30万円~が相場です。
これはあくまで一例なので、これより高い地域はあります。
園長職の求人は人気が高いため給与が良い求人であればスグに応募が締め切りになることもありますので、常にアンテナを張り巡らせておくといいでしょう。

いかがでしたか。
園長はキャリアアップの終着点といっても過言ではありません。
それゆえに大変なお仕事かもしれませんが、子ども達や職員の成長を目の当たりにできるなどやりがいもたくさんあるお仕事です。
興味のある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

はぴほいくでは、保育士さんのお役立ち情報を随時、更新しています。
元保育士ライターさんによるコラムも掲載中
お時間がある際、是非ご覧下さい。
【お役立ちページへのリンク】
その他のお役立ち情報は↓コチラ

保育お役立ち情報公開中♪

また、はぴほいくでは南関東を中心に今回特集した園長職などといった人気求人も多数取り扱っています。
他にはない最新の求人も掲載されていますので、ブックマークをしておくと良いですよ。

園長や主任保育士のお仕事をお探しの方
以下のリンクから閲覧することができます

東京
園長・主任求人一覧

神奈川
園長・主任求人一覧

千葉
千葉県の求人一覧

埼玉
埼玉県の求人一覧

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート