施設保育士とは |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

施設保育士とは

 

施設保育士とは

乳児院や児童養護施設などで働く保育士のことを施設保育士といいます。
今回は、施設保育士の仕事内容ややりがいなどをご紹介します。

●施設保育士とは

施設保育士とは、保育園以外の児童福祉施設で働く保育士のことを指します。
児童福祉施設とは、「子どもや保護者の生活と自立を支援するための施設」であり、乳児院や児童養護施設、知的障がい児施設などがあります。
施設保育士は児童福祉施設に入所している子ども達の心のケアや生活と自立のためのサポートを行います。

●施設保育士の主な働き先

・助産施設
異常分娩のおそれがあるなど入院助産を受ける必要があるにもかかわらず、経済的理由により費用を払えない家庭に対し、助産を行うなど支援する施設です。乳児のお世話や母親に対し育児指導を行います。

・乳児院
虐待、離婚、死別等で母親など保護者の下で生活できない2歳までの乳児を預かり育てる施設です。

・児童養護施設
虐待、病気、離婚、死別、経済的な理由等で家庭での生活を続けることが難しくなった子ども達を預かり養育する施設です。概ね2~18歳までの子どもを預かります。

・知的障害児施設
家庭で適切な養育を受けられない知的障害のある18歳未満の子どもが入所する施設です。

●仕事内容

施設保育士は子ども達の生活と自立の支援を行うお仕事です。
0歳~18歳までの子どもを対象に、食事や排泄、入浴などのお世話をし、生活習慣や集団生活のルールなどを教えます。
時には掃除、洗濯、料理、買い物に行ってお金の使い方を教えたり、学校の勉強を教えることもあります。
また、心のケアを行うことも大切なお仕事です。
入所する子どもは保護者の虐待や育児放棄などの理由で施設に預けられることが多くなっており、心に傷を負っている子ども達が少なくありません。
そんな子ども達としっかり向き合い、日常生活を共にすることで心のケアも行います。
保育園と大きく異なる点は、子ども達が施設で暮らしていることです。そのため、24時間365日交代制で勤務を行います。夜勤があったり、場合によっては住み込みで働くところもあります。

●必要な資格

・「保育士資格」はほとんどの場合必須です。
・役立つ資格
「保健児童ソーシャルワーカー」…子どもの心のケアを行う
「社会福祉主事任用資格」…生活指導を行う
「幼児安全法支援員」・「上級救命技能検定」…こどもたちの命を守り、健康をサポートする

●施設保育士のやりがい

・最初は心を開いてくれなかった子どもが、心を開いて接してくれるようになった時、大きな喜びを感じることができます。
・子ども達の成長を感じることは何よりも嬉しいものです。その成長を支えられることに大きなやりがいを感じられます。
・子ども達からも多くのことを学ぶことができるお仕事です。子ども達と生活し、支援することでサポートする側も大きく成長することができます。

●施設保育士の大変さ

・保護者の変わりに子ども達を養育するため、子ども達の人生を左右する、責任が重いお仕事です。
・夜勤や土日祝日も勤務があり、施設によっては拘束時間が長い所もあります。体力に自信があり精神的に強い方でないと務まりません。

子ども達の生活を一番近くで支えるお仕事ですので、大変なこともあります。
しかし、子ども達と一緒に過ごすうちに、家族のような存在になれるお仕事は他にはないやりがいを感じられることでしょう。

豊富な案件から仕事を探す♪

インフォ一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加