松戸手当とは |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

松戸手当とは

きっかけは東京都の取り組み

 

以前のコラムにて各自治体の取り組みを特集したことは覚えているであろうか。

その際、東京都が他の自治体を超える取り組みをしていることを紹介した。

その結果、現在東京都に隣接している県では保育士の獲得に苦戦をしている。

 

隣接している県が東京都と同じようにやるには財政的に厳しいため各自治体のオリジナルな処遇改善を行っている。

今回は突如登場した【松戸手当】を取り上げたいと思う。

 

松戸市は平成28年度・平成29年度の4月段階で2年連続待機児童数0を達成している。

待機児童数0ということは、園児を受け入れられる環境が整っている。つまり、保育士の確保ができているということを意味する。

では、この【松戸手当】とは一体どういうものなのか。

 

この手当を受け取れる条件は、松戸市内にある保育園施設で働く保育士が対象となる。

※全ての保育園が支給の対象ではないので転職を考えている方は要確認

※保育園との直接雇用契約を締結している保育士以外は対象外

 

では、具体的にどれくらいの補助があるのか

 

1年目~12年目  : 4万5000円

13年目~20年目 : 4万6000円~7万2000円

 

 

この他にも条件はあるが様々な特典があるので書いていこう

 

新卒保育士さん限定の特典

 

・松戸市内に住んだ場合、最大3万円の家賃補助

※松戸市内の家賃相場は5万~6万円なので、家賃の半分が補助される

 

・就職の準備にかかる費用の一部を補助(上限10万円)

※就職後2年間継続して勤務した場合は返還が免除される

 

育休から復帰予定の保育士さん向けの特典

 

・松戸市内の保育施設で保育士として働く人のお子さんの保育所入所の優先度がUP

 

・育休から復帰すると、保育園に預けているお子さんの保育量が最大2万7千円(月額)安くなる

※復帰してから2年以上働く必要がある

 

継続して勤め続けた保育士さんには・・・

 

・10年勤めあげた保育士さんに対して、市長より表彰状+記念品の贈呈がある。

(平成28年度:グルメカード3万円)

 

その中で特に功労があった方に関しては祝い金が贈呈される。

(松戸市発表:お祝い金5万円)

 

この他にも働きながら、保育士資格取得を目指したい人への補助金もあるので気になる人は是非調べてほしい。

また、子どもを預けて保育士資格取得を目指す人に対してもサポート体制が整っている。

 

今まで様々な自治体の取り組みを調査・取材してきたがここまで積極的に取り組んでいる自治体は珍しい。

 

昨今、待機児童改善のため保育施設の新設が増えているが、保育士獲得に苦戦している自治体が多く東京都は特に他自治体よりも待遇がいいことから隣接県では苦戦をしている。

その流れから各自治体が独自の保育士獲得プランを展開している。

 

過去に紹介した自治体や今回の松戸市なども東京都に負けないようなプランだ。

取り組んでいる自治体はまだ多くはないが、今後も県だけでなく市や区でも増えていくのではないかと考えている。

勿論、自治体には年間予算というものがあるので今すぐではないにしても可能性はある。

 

保育士の資格はあるが働いたことのない人や保育士として復職を考えている人などは自分が働きたいエリアにはどのようなプランがあるか是非調べてほしい。

 

 

Person’s株式会社では、保育園や院内・その他の施設での求人多数♪

職種:保育士・幼稚園教諭・調理師・栄養士・看護士など♪

お仕事を探している方★就職活動でお悩みの方★気になる求人がある方…

弊社にお気軽にお問い合わせ下さい!!!

詳しくはこちらをご覧ください♪ はぴほいく

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加