初めての保育士!子どもの成長に関わる幸せを |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

初めての保育士!子どもの成長に関わる幸せを

何と言っても保育は楽しい!

 
初めて保育士として仕事をする時は、緊張感でいっぱいになるでしょう。保育士は常に多くの子どもや大人と接することになるので、慣れないうちはどうしても緊張しがちです。

しかし、毎日かわいい子どもたちと過ごし、経験を重ねるうちに楽しさは増してくるもの。学校で学んだ知識を実践で自分のものにしていく充実感があります。子どもや保護者との信頼関係は少しずつ築き上げていくものですから、焦ることはありません。保育の仕事は子どもたちとたくさん遊ぶ、健康的で楽しい仕事です。楽しい保育を心がけて、思う存分子どもたちと遊びましょう。もし、自分は子ども時代に思い切り遊べなかったという心残りがあるならよい機会です。自分のなかの子どもと一緒に楽しんでみてもいいでしょう。
 

専門家として子どもの成長を助けよう!

 
保育士は、専門的な知識を活かして保育計画を立案して保育をします。初めての保育で不安がある時ほど、準備に時間をかけてみることをおすすめします。
たとえば、手遊びや季節の歌は、歌と一緒に手作りのペープサートなどを使い子どもたちと楽しく遊ぶことです。小物があると子どもたちの集中力も高まり、歌を覚えるのも早くなります。準備がしっかりできていると保護者の前でも自信を持って保育でき、達成感を重ねていくこともできるでしょう。
経験が少ない時ほど工夫が大切。経験豊富な保育士をお手本にする、テキストを使い倒すなど、自分らしさも出しながらしっかり準備をして保育に臨むことです。上手下手の出来栄えよりも、毎日の地道な努力が保育の専門家として子どもの成長を助けることになるでしょう。
 

悩んだ時の対処法は?

 
保育の仕事で悩んだ時はどうすればいいのか、始める前から心配する人もいるでしょう。初めてで保育の経験が少ないと、思うように仕事ができないことは当然あるので心配いりません。
また、保護者や職場の人間関係の悩みも次第に出てくるでしょう。これは、人と接する仕事では付きものの悩みです。思うようにいかない悩みにフォーカスし過ぎると、悩みはどんどん大きくなっていくものです。そんな時は、当たり前のようですが大切なことは何かと考えてみることです。保育が楽しくできていれば大丈夫。自分の仕事は子どもの保育であることを肝に銘じ、保育に集中することです。子どもが好きで保育士を選んだ原点を思い出しましょう。
 

経験を重ねてキャリアアップ!

 
保育士の経験年数はキャリアとして認められるものです。クラス担任なら何歳児を何年、というように履歴書にも記入できる貴重な経験になります。
保育士は長く続けるほど経験による信頼感が増す職業と言っていいでしょう。たとえば、引っ越しなどで転職する場合でも、経験を活かしながら保育の仕事を続けることができます。初めての保育士の場合には、長い先々のキャリアを考えるよりも1年間を単位として考えるのがポイントです。初めの1年間をクリアすると、次の1年間は短く感じられるでしょう。そうすることで、大きな負担を感じることなく保育士としてのキャリアを重ねていくことができます。保育士は未来を担う子どもたちを保育するやりがいと、保護者から感謝され信頼を得ることができる達成感のある仕事と言えるでしょう。
 
~ライタープロフィール~

Y・Y(保育士)

保育専門学校を卒業し保育士として6年勤務、結婚後にはエレクトーン関係の仕事を1年ほどしていました。
2人の子どもを出産後は専業主婦として育児に専念し、その後保育士に復帰。パートタイムからフルタイムまで、自分のライフスタイルに合わせて15年ほど保育の仕事を続けてきました。保育士としては、クラス担任、障がい児保育、子育て支援、フリー保育士と色々な内容を経験してきました。保育士は未来ある子どもたちを育てる重要な役割を持ち、かわいい子どもたちと過ごせる楽しさがあるのでおすすめしたい職業です。
 
 
その他のお役立ち情報は↓コチラにて毎週更新中

保育お役立ち情報公開中♪

 
保育士のお仕事をお探しの方
各都道府県の求人は以下のリンクから閲覧することができます★”

東京
東京都の求人一覧

神奈川
神奈川県の求人一覧

千葉
千葉県の求人一覧

埼玉
埼玉県の求人一覧

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加