保育士のポジティブな面にフォーカス!良い面に気づこう |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

保育士のポジティブな面にフォーカス!良い面に気づこう

保育士は規則正しい生活で健康的になる!

 

保育士は、待遇や人間関係などのネガティブな面がクローズアップされがちなのは残念なことです。どのような仕事にもネガティブな面を見つけようと思えばあるものです。
保育士の仕事をポジティブに捉えてみると、今まで知らなかった良い面が分かるでしょう。

保育士は活動的な毎日を送るので、自然に早寝早起きになるメリットがあります。午前中はメインの保育があるので、子どもたちと外遊びや散歩など身体を動かして戸外で過ごすことが多くなります。
保育士は保育計画に基づく子どもの日課に合わせて生活するので、規則正しい生活が習慣として身に付く健康的な仕事なのです。子どもの生活リズムに合わせることで、現代人が忘れていた健康的な生活を思い出すことができるでしょう。

 

豊かな人間関係が構築できる!

 

保育士は多くの保護者や子どもと接するので、豊かな人間関係を作ることができます。難しいことは考えなくても大丈夫です。いろいろな保護者や子どもと、笑顔で朝の挨拶を交わす幸せを感じましょう。保護者には送迎時に子どもの様子をしっかり伝えるなど、毎日の積み重ねが信頼関係につながっていきます。

また、ネガティブに捉えやすい保育士同志の人間関係を円満に保つ秘訣は、子どもを中心に考えていくことでしょう。保育園全体で子どもを保育し成長を助けるという、同じ目標に向かえば大丈夫なのです。子どもたちの楽しいエピソードは毎日必ず見つかるものです。保育士が皆に教えて共有することで、明るい笑いが絶えない保育園になることでしょう。多くの人間関係を経験できる保育士は、豊かな毎日を送ることができるのです。

 

四季の移り変わりを教えられ感性が磨かれる!

 

保育士をしていると、自然の移り変わりに敏感になっていきます。子どもたちが教えてくれる道端や園庭の小さな草花や、季節の行事で節目を感じることもできるでしょう。旬の食材を使ったクッキングや行事食なども楽しいものです。何事も初めてで新鮮な驚きがある子どもたちに、保育士の感性も磨かれていくことでしょう。子どもたちと一緒に、自然に触れる機会の多い保育士ならではの体験かもしれません。季節の行事も子どもたちと一緒に思い切り楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

チャレンジ精神が培われ成長できる保育士は楽しい!

 

保育士が相手をする子どもたちには、1人として同じ子はいません。ですから、いつも同じアプローチをするわけにはいきません。試行錯誤で正解がないのが保育かもしれません。しかし、保育の経験を重ねることで正解に近い保育ができるようになるでしょう。

保育士の仕事は多岐に渡るので、初めてのことも多くあり、何事もチャレンジ精神で進むことになります。いろいろなことに挑戦していくうちに、人は成長していくものです。それが、保育士の仕事で得られる大きなメリットではないでしょうか。子育てをすることで親は子どもに教えられ成長できると言われますが、保育士は多くの子どもの成長に関わる仕事です。悩むこともあるかもしれませんが、それ以上に大きなものを保育士は受け取ることができるでしょう。ポジティブな面がたくさんあることを理解して、保育士という素敵な仕事に就くことをおすすめします。

 

~ライタープロフィール~

Y.Y(保育士)

保育専門学校を卒業し保育士として6年勤務、結婚後にはエレクトーン関係の仕事を1年ほどしていました。2人の子どもを出産後は専業主婦として育児に専念し、その後保育士に復帰。パートタイムからフルタイムまで、自分のライフスタイルに合わせて15年ほど保育の仕事を続けてきました。保育士としては、クラス担任、障がい児保育、子育て支援、フリー保育士と色々な内容を経験してきました。保育士は未来ある子どもたちを育てる重要な役割を持ち、かわいい子どもたちと過ごせる楽しさがあるのでおすすめしたい職業です。

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加