保育士はブランクがあっても大丈夫!復職して経験を活かそう |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

保育士はブランクがあっても大丈夫!復職して経験を活かそう

潜在保育士は貴重な人材!

 

出産や育児で退職した場合など、復帰する場合にはブランクが気になるものです。しかし、保育士不足が慢性化している現状では、資格を持っていても働いていない潜在保育士は大変貴重な人材であることを忘れないでください。
ブランクはあっても保育士の経験がある場合、その経験と育児の経験が役立つことになります。育児をすることで保護者への理解が深まり共感力が高まります。ブランクの心配よりも、これまでよりも良い保護者支援ができる点が強みになるので、求職の際には育児経験を十分アピールしておきましょう。
そして、保育士として再び社会参加することの喜びを味わうために一歩を踏み出すことをおすすめします。

 

不安があればリストアップしてみよう!解消法は?

 

復職でブランクが心配な時には、ひとつひとつ不安なことをリストアップしてみると良いでしょう。そして、書きだした不安なことに対して解消法を検討するのをおすすめします。
たとえば、保育士の経験があると保育には体力が必要ということが分かるので、体力が落ちていると仕事をするのが不安になるでしょう。これは、はじめはフルタイムではなく短時間勤務にすることで解消できます。体力に合わせて徐々に勤務時間を延ばして行くこともできます。家事や育児との両立ができるかという不安も、パート勤務にすることで解消されるでしょう。
また、退職前の保育とブランク後の保育の変化も気になるところです。多くの自治体やハローワークでは、復職する保育士のために講習会を開くなどして、潜在保育士が仕事を再開するための後押しを行っています。このような講習会を積極的に受講すると、ブランクへの不安が軽くなるでしょう。人間関係が不安という場合は、ブランクのある保育士をほかにも採用している職場を選んだり、柔軟な姿勢を心がけたりするなどの対策が考えられます。

 

注意するポイントはある?

 

ブランクがある保育士には社会経験というアピールポイントがあるので、自信を持って面接に臨みたいものです。しかし、注意したいのは、以前の職場を退職した理由やブランク後に求職する理由に一貫性がないことです。
あやふやな受け答えでは、面接官が不信感を持ってしまうことにもなりかねません。面接の前には自己分析を行い、明確な志望動機を提示できるようにしたいものです。以前の職場での保育経験から得たものや、育児中に学び成長した点をしっかりアピールしましょう。

 

保育士にはいろいろな働き方がある!自分に合った形を選ぼう!

 

保育士の仕事は、フルタイムやパートタイム、保育園の多忙な時間帯に短時間勤務するなど、いろいろな働き方があるのが特徴です。契約社員や派遣社員など職場ごとに条件も異なるので、ブランクがあって保育士の仕事を探すには転職サイトがおすすめ。
専門家のアドバイスも参考になることでしょう。正職員登用制度のある職場なら、パートタイムで無理なく勤務してから正職員になるという道もあります。ブランクもプラスになる保育士ならではの求職活動を積極的に行いましょう。
保育士は本来、子どもと接する楽しい仕事です。初心に返り、自分が保育士を志した気持ちを思い出して保育士として再出発することをおすすめします。

 

参考記事

○ブランクがあっても大丈夫!保育士に復帰、転職するために考えるべきこと

○ブランクがあっても転職できる?~心得と注意点とは?~

 

~ライタープロフィール~

Y.Y(保育士)

保育専門学校を卒業し保育士として6年勤務、結婚後にはエレクトーン関係の仕事を1年ほどしていました。
2人の子どもを出産後は専業主婦として育児に専念し、その後保育士に復帰。
パートタイムからフルタイムまで、自分のライフスタイルに合わせて15年ほど保育の仕事を続けてきました。保育士としては、クラス担任、障がい児保育、子育て支援、フリー保育士と色々な内容を経験してきました。
保育士は未来ある子どもたちを育てる重要な役割を持ち、かわいい子どもたちと過ごせる楽しさがあるのでおすすめしたい職業です。

 

トピック一覧に戻る

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加