保育士が製作をする際のポイント!作品の上手な保管方法は? |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

保育士が製作をする際のポイント!作品の上手な保管方法は?

製作のコツは短時間でも見栄えよくする工夫!

 

保育士は一日中大切な子どもたちの保育をしているので、製作や準備に多くの時間をかけることはできませんよね。
でも、だからといって見た人や子どもたちががっかりするような製作物では、子どもたちも保育士も達成感を得られないでしょう。製作の得手不得手には個人差があり、学校で学ぶ機会も少ないので、現場では自分で工夫しなければなりません。
季節の行事は子どもたちが楽しみにしているイベントなので、製作は早め早めに計画するのがポイントです。その上で、子どもたちの年齢に合ったもの、時間をかけずに準備でき子どもが喜びそうなものを選びましょう。
製作のテキストや雑誌、インターネットからの情報は多いので大丈夫。アイディアやちょっとした工夫が満載で、取り入れると見栄えが良くなり大変参考になります。慣れないうちはそのまま取り入れてもよいのですが、自分らしくアレンジしていくことをおすすめします。
ほかのクラスや保育園に同じものがあるかもしれないので、材料や形などを変える工夫を重ねていきましょう。

 

季節の壁面製作が大変!?その対策法は?

 

保育園では室内を装飾することで季節の雰囲気を出し、子どもたちの情操教育に役立てています。全面を季節ごとに貼り替える方法と、主な台紙は残して一部貼り替えで材料を無駄にしないエコロジーな方法があります。
場所により両方を併用する場合が多いのですが、多忙な保育士は壁面製作も時短テクニックを工夫すると良いでしょう。ポイントは保育雑誌の型紙などを利用し、まとめ切りなどの工夫で短時間に仕上げること。そのまま貼らずに浮かせて貼る方法や、毛糸などのひもやリボンを渡す方法を使うと立体的に見えるのでおすすめです。
また、100円ショップには製作の材料が豊富にあります。ホログラムやいろいろな質感、デザインのものがあるので、材料からアイディアが生まれることもあります。買い物のついでに手に入れておくと製作の際に便利でしょう。

 

製作物を効果的に展示!保管方法も工夫しよう

 

製作物は子どもの人数分でき、どんどん増えていくので保管方法にも工夫が必要です。画用紙に描いた絵は大きな箱や引き出しに整理できます。しかし、全部しまい込んでいくと取り出しにくくなりがちです。一部の作品を壁面に取り入れていくと効果的な室内装飾になり、保護者や子どもたちも喜ぶ大きな作品になるのです。たとえば、0才クラスなら手形を切り抜き季節の壁面に貼る、5才クラスでは描いた絵の一部を切り抜いて貼れば合同の作品展示になるでしょう。ポイントは切り抜いたものには名前を書き、保護者が送迎の際に見つけることができるように配慮することです。

工夫しだいで製作は楽しい作品に!子どもの感性を育もう

 

製作を苦手なもの、時間がかかるものと捉えるのではなく、子どもが喜び、感性が養われるものと考えてみましょう。目からウロコのアイディアもたくさんあるので、情報をどんどん取り入れていくことです。保育士同志でお互いにアドバイスし合うことも大きな助けになるものです。製作が得意な保育士のアドバイスも参考にしながら、自分らしい製作を進めていくことが大切です。たとえば、高い完成度を目指し徹夜になってしまった場合、肝心の保育の時に体力が持ちません。自分の体調管理をしながら、無理せずポイントを押さえた製作をすることをおすすめします。

 

~ライタープロフィール~

Y・Y(保育士)

・プロフィール
保育専門学校を卒業し保育士として6年勤務、結婚後にはエレクトーン関係の仕事を1年ほどしていました。2人の子どもを出産後は専業主婦として育児に専念し、その後保育士に復帰。パートタイムからフルタイムまで、自分のライフスタイルに合わせて15年ほど保育の仕事を続けてきました。保育士としては、クラス担任、障がい児保育、子育て支援、フリー保育士と色々な内容を経験してきました。保育士は未来ある子どもたちを育てる重要な役割を持ち、かわいい子どもたちと過ごせる楽しさがあるのでおすすめしたい職業です。

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加