保育士の人間関係が気になる!同性同士にありがちな悩みへの対処法は? |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

保育士の人間関係が気になる!同性同士にありがちな悩みへの対処法は?

保育士の人間関係の特徴は?同性が多いための悩み

保育士の人間関係が気になるときは、一体何が問題とされているのかを分析してみるといいでしょう。
漠然とした不安を持つよりも、問題をクリアにして対処法を知っておくことをおすすめします。
少しずつ男性も増えてきましたが、保育士はほかの職場に比べると女性が圧倒的に多いという特徴があります。そのせいか、保育士の人間関係にはデリケートな面があるかもしれません。たとえば、女性ならではの細やかさが、反対に「細かい」と敬遠されることもあるでしょう。同性ならではの親しさの表現が、相手にとっては「付き合いが面倒」ということに繋がる可能性もあります。女性同士の人間関係の悩みばかりクローズアップされ、同性ならではの楽しさがあまり取り上げられないのはなぜでしょうか。

保育士の人間関係への対処法はある?

女性同士の人間関係が苦になるのは、そこにフォーカスし過ぎるからかもしれません。
人間関係に悩む人は、友だちを作るために保育士をしているわけではないことを再確認する必要があります。子どもの方を向いて保育を行い、保育士同志が互いに協力し合うことが、より良い保育につながるといえるでしょう。今一度、保育士を目指したときの原点に戻って新鮮な気持ちで保育をしてみましょう。
保育に対しての新たな発見や、別角度からの人間関係を見ることができるかもしれません。

保育士の人間関係で注意したいポイントは?

保育士の1日は子どもを中心に過ぎていきます。かわいい子どもたちの成長を日々感じながら過ごす時間はかけがえのないものです。気がつくと仕事中心になってしまい、ほかに趣味や別な世界の友人と過ごす時間が減ってしまいがちです。そうすると、保育士同志の関係のみになり、せまい世界のなかで悩むことにもなりかねません。実は、そんなときこそ保育以外の楽しみを意識して見つけることが大切なのです。別な世界でリフレッシュすればエネルギーが補充され視野も広がります。何がよいかは問題ではなく、自分が好きでやりたいことなら何でも構いません。
たとえば、保育所以外の友人とのランチ、スポーツ、1人でも楽しめる読書、カフェなど、自由に選ぶことをおすすめします。保育は人を育てる仕事なので、経験したことはいろいろな場面で役に立ち保育の内容を豊かにしてくれるでしょう。

仕事上の人間関係をより良くするために!

保育士の仕事は、子どもとの関係や職場の人間関係、保護者との関係と、人との関係が中心になるので、常に自分の感情をコントロールすることが求められます。
気持ちに余裕がないと、ちょっとしたことでイライラしやすくなるかもしれません。穏やかに接し、人間関係を良くするには、意識して物事に完璧を求めないことが大切でしょう。周囲が完璧を求めてくると感じるなら、自分はどこまで応じられるのか、自分なりの尺度を決めておくことをおすすめします。
誰しも限界というものがあるので、無理をせずに続けられる範囲を常に探っておくことです。人間として成長するための努力を怠らず気持ちに余裕を持つことができれば、仕事に必要な人間関係もより良くなるに違いありません。自分にはどのような長所や短所があるのかを客観的に見つめながら相手を尊重し、より良い人間関係を築いていきましょう。

 

~ライタープロフィール~
Y・Y (保育士)

保育専門学校を卒業し保育士として6年勤務、結婚後にはエレクトーン関係の仕事を1年ほどしていました。2人の子どもを出産後は専業主婦として育児に専念し、その後保育士に復帰。
パートタイムからフルタイムまで、自分のライフスタイルに合わせて15年ほど保育の仕事を続けてきました。
保育士としては、クラス担任、障がい児保育、子育て支援、フリー保育士と色々な内容を経験してきました。

保育士は未来ある子どもたちを育てる重要な役割を持ち、かわいい子どもたちと過ごせる楽しさがあるのでおすすめしたい職業です。

保育士のお仕事をお探しの方
各都道府県の求人は以下のリンクから閲覧することができます★”

 

東京
東京都の求人一覧

神奈川
神奈川県の求人一覧

千葉
千葉県の求人一覧

埼玉
埼玉県の求人一覧

トピック一覧に戻る

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加