企業内保育所って何?利用できる人とは? |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

企業内保育所って何?利用できる人とは?



女性の社会進出や、経済的な理由等から共働き世代の増加により保育園の需要が増えてきています。
特に産休や育休で会社をお休みをしている方にとっては、
期間明けすぐに保育園に預けられるかヒヤヒヤしている方もいらっしゃります。

こういったケースから安心して女性従業員が働ける環境を作ろうと企業内に保育所を設ける企業が少しずつ増えてきています。
「どうせ大手だけでしょ?」と思われている方もいらっしゃると思いますが、そんなことはなく中小企業でも設けている企業はあります。

企業も子どもを預けることができず離職して貴重な社員を失うより、長く働いてもらえる環境を整えることによる社員の流出防止や、福利厚生が充実していることによる新卒・中途の応募者増の方が企業側としてはプラスになるので、まだ設置していないけど検討している企業はあると思います。

実際に導入している企業と導入を検討している企業に対して個人的に取材をしてきましたが、上記の話をされる方がほとんどでした。検討されている企業の方では専門的な知識を勉強しつつ導入を検討している熱心な企業もありました。

皆さんもご存知だと思いますが、現在の日本は少子高齢化が深刻な状況です。
少子化なのに保育園を増やす必要があるの?とお考えの方も少なくはないでしょう。
確かに今後も子どもが減っていくのであれば、保育園を増やし続けてもいずれ定員割れを起こす保育園は出てくるでしょう。
しかし、人口が集中しているエリアなどでは保育園が不足していることも事実です。

劇的に日本の経済状況が改善されれば話は別ですが、共働き世帯は今後も増えていき、専業主婦世帯の割合がどんどんと減っていくことでしょう。
そうなると、さらに需要が増えることは濃厚と思われます。

昨今では試験的に百貨店にて去年から試験的に企業内保育所を設置して今年さらに増やすと発表した企業や、企業及び従業員の向上を目的とした環境づくりから企業内保育所を設置した企業もあります。

今回の企業内保育所に関してはメリットばかりではないので今回はメリット・デメリットをまとめてみたいと思います。
 

企業内保育所とは?

 
企業内保育所には2種類のタイプがあります。

1つは【事業所内保育所】
もう1つは【企業主導型保育所】です。

まず、事業所内保育所とは企業で働く従業員の子どものほか、地域で保育を必要としている子どもを含めて保育を提供する事業です。
正式な名称は【事業所内保育事業】
勝手に作っていいわけではなく、市区町村の認可を受けなければなりません。
※認可施設になる

では、企業主導型保育所とは何でしょう。
こちらはそのままになりますが企業が主導でつくる保育園です。
保育園の種類ですと認可外保育施設にあたります。
この他の特徴としては、例えば同じ地域や同じビルに入っている企業が複数で1つの保育園を運営したり、共同利用することも可能で1社だけで導入・運営が不安と考えている企業でも取り組みやすくすることが目的です。

政府からの助成金に関しては事業所内保育所と企業主導型保育所共に同程度貰える可能性がありますので大きな差はないでしょう。
 

企業内保育所のメリットとは

 
1:離職率の低下

こちらは先程、書かせていただきましたが優秀な女性社員が妊娠・出産で離職されてしまうことは企業にとって大打撃になります。
企業内に保育所があれば預け先が確保されているので安心して勤務することができます。

2:子どもとの距離が近い

保育園と職場が離れているケースだと子どもが突然体調を崩した場合、連絡からお迎えまで時間がかかってしまうことや、お迎えにあわせた時間での勤務になってしまうため時短勤務になり収入がダウンしてしまう等があります。
企業内であれば退社後にすぐにお迎えが可能です。

3:企業のイメージアップ

こちらも先程書かせていただいたことになります。
企業内保育所があるということは、子どもや女性社員に優しい企業というイメージをもたれますのでイメージアップに繋がります。
そのことから新卒や中途採用で優秀な社員が集まりやすくなる可能性があります。

4:働きやすい環境(保育士側)

4つ目は利用者側というよりかは、そこで働く保育士側のメリットになりますが、業種にもよりますが基本土日祝日はお休みの企業が多いため通常の保育園と違い土日祝日はしっかり休める環境にあることです。
勿論、業種によっては土日祝日も営業している企業もありますので、メリットでもありデメリットでもあります。

5:処遇が良い場合がある(保育士側)

こちらに関しては全てではないので参考程度にご覧になってください。
企業内保育所は企業自らが運営するパターンと、保育園を運営している企業や法人に委託するパターンがあります。
前者の企業が自ら運営する場合ですと通常の保育園より待遇が良いケースがあります。
これは昨今の保育士不足なことから、通常よりも高い処遇で募集をかけ保育士を確保しようと考えている場合や、企業で働く女性社員同様に企業内保育所で働く保育士も大事な社員と考え処遇を良くする場合があります。

この処遇に関してですが、運営する企業それぞれ考えが違うためあくまで一例となります。
また、処遇が良いケースの場合、募集が自社のホームページなど限定された場所でしか公開されていないケースが多く倍率が高いことがデメリットになります。
 

企業内保育所のデメリットとは

 
メリットを先に書いてきましたが、ここからはデメリットに関してまとめたいと思います。

1:通常の保育園みたいな年間行事がない

これは保育所次第ではありますが、本来の保育園でやるような年間行事が行われない。もしくは少ない可能性があります。
また体育館や園庭が基本ないため運動会なども行われません。

2:利用者が通勤時に子どもと一緒に乗らないといけない

都心になれば、通勤の時間帯は物凄く混みます。
そのため、子どもを混雑した電車に乗せることが難しく、せっかくの保育所があっても利用することができないこともある。

3:集団行動を通して学べることが期待できない

普通の保育園では、同じ年齢の子どもが集まり集団生活をするため集団行動が身につくが、企業内保育所は多くの子どもを預からない場合が多いため集団行動を通して学べることや身につく社交性などが期待できない可能性がある。

4:企業内保育所の求人を見つけるのが難しい(保育士側)

これは主観ですが、企業内保育所の求人で特に待遇面が良い求人に関しては求人サイト等を使わずに自社のホームページで募集する傾向があるため、企業内保育所で保育士として働きたい方は常にアンテナをあちこちに向けておく必要があります。
勿論、求人サイトに掲載されることもありますが、人気が高く・採用枠が保育園より少ないのですぐに応募締め切りになる可能性があります。

5:土日祝日も営業している場合もある(保育士側)

メリットで説明しましたが、企業内保育所を設置している企業の中には平日しか営業していない業界もあれば、土日祝日も営業している業界もあります。
そのため、企業内保育所によってはシフト状況によっては平日以外の勤務になることもあります。
平日のみの勤務でお仕事を探されている方に関しては、事前に情報収集をすると良いでしょう。
 
いかがだったでしょうか。
今回は利用する側も働く側にも注目されている企業内保育所についてまとめてみました。
 
 
はぴほいくでは、南関東を中心に保育士求人を取り扱っています。
人気求人も随時公開されていますので、是非ご覧下さい。

詳しくははぴほいくをご覧ください★”

保育士のお仕事をお探しの方
各都道府県の院内企業内保育室求人は以下のリンクから閲覧することができます★”

東京
東京都の院内企業内保育室求人一覧

神奈川
神奈川県の院内企業内保育室求人一覧

千葉
千葉県の院内企業内保育室求人一覧

埼玉
埼玉県の院内企業内保育室求人一覧

【お役立ちページへのリンク】
その他のお役立ち情報は↓コチラ

保育お役立ち情報公開中♪

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加