保育士の処遇改善はどうなっているのか |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

保育士の処遇改善はどうなっているのか


処遇改善は実際に行われているのか?

つい先日のネットニュースで処遇改善が貰えると聞いていたのに半分以下の金額しか貰えなかった。というニュースが流れました。
このニュースの数日前に私が参加した同窓会には現役の保育士が2人いたので、色々とお話をしていたので、そのことについて書いてみたいと思います。

少し前になりますが私が投稿したコラムにて、東京都で4万4000円の給与補助があると書きました。
これは多くの報道で取り上げられ実際に東京の保育園で働きたい人が増えたと聞きました。

お話を聞いた2人の保育士は元々東京の保育園でずっと働いていたので、給与補助が発表されてからの応募者は確かに増えたそうです。
それは給与が4万4000円も毎月増えたら、どの業界でやったとしても希望者は増えますよね。

では、実際に東京の保育園で正社員として働けば全員満額貰えるのか?についてですが、答えはノーです。

勿論、満額補助している保育園もありますが残念ながら半額だったり最悪のパターンは0円などといったケースもあったそうです。
2人の内、1人は一番最悪のケースで1/4の1万円だけで給与明細を見ると基本給がその分減っていて実質+1万円だったらしく、現在は別の保育園(都内)で勤務して満額補助されているそうです。

実際に守っている保育園が多数であることを願いたいですが、一部では保育士に全額渡っていないケースがあります。
現状、保育士さんの給与補助は保育士さんにダイレクトに渡るのではなく、保育園の経営者に渡り各保育士さんに支給される流れになっています。

本来ですとちゃんと渡ったかのチェックする機能が必要なのですが、それがないので経営者次第になってしまっているのが現状です。

一番いいのは、直接保育士さんに振り込まれるのが理想なので今後の課題でしょうね。
 

保育士が採用できないと悩む近隣の県

大々的に発表された給与補助によって県境に住む人も東京に流れたこともあるのか、はたまた保育士さんのお仕事以外へのキャリアチェンジなのかは分かりませんが、近隣の神奈川県、千葉県、埼玉県では採用が厳しくなったというケースが増えました。
実際に「東京都に保育士を採られた」と嘆く園長先生もいました。

これは園長先生達だけが悩んでいるのではなく、各自治体も同じく悩んでいました。
保育士が減ると受け入れる園児数が最悪減ってしまう。すると待機児童が増えてしまい各自治体は困ってしまう。

そこで自治体は、なんとか自分らの市内で働いてもらおうと独自の処遇改善プランを作ります。
ただ各自治体の年間予算は同額ではないため、プランを企画しても議会で否決されてしまう・予算的に補助することが困難な自治体もあります。

次のパートでは、私が実際に調べた自治体が行っている保育士の処遇改善についてまとめたのでご覧下さい。
 

各自治体が実施している処遇改善

<東京都>

○千代田区

【家賃補助】
→千代田区内に居住する場合の家賃補助額は最大13万円
→区外に居住する場合は最大8万2000円

区内であれば家賃の自己負担額は0円~2万円/月

注意ポイント
・礼金のみが補助対象のため、敷金や仲介手数料などといったものは全て自己負担

・保育園が借り上げたものが対象(自分で借りた部屋は対象外)

対象者
・認可、認証、認定こども園、小規模保育事業で勤務していること

・1日6時間以上かつ月15日以上常態的に継続し勤務している者

・保育施設で勤務する「施設長、保育士、保育補助者、栄養士、調理師、看護師、保健師」であること

○杉並区

【商品券の贈呈】
→区内共通商品券、5万円分を支給

対象者
来年4月に保育士として新規採用される有資格者かつ、
直近で3年間保育士として勤務した経験がない者

【家賃補助】
→法人が借り上げた部屋に対して最大8万2000円の家賃補助
※保育士以外に調理師、栄養士、看護師なども対象

【無資格の人への支援】
→取得支援として受験料や養成施設の受講に必要な入学金の一部を補助

○江戸川区

【給与補助】
→常勤の保育士・看護師限定で月額最大5万円(都と区で合算して)
※支給額は年数などにより違いあり

【商品券の贈呈】
→区内共通商品券、5万円分を支給
※新たに区内の保育施設に正社員採用された保育士が対象

【家賃補助】
→法人が借り上げた部屋に対して最大8万2000円の家賃補助

【就学前の子どもがいる保育士さん限定】
→区内在住かつ区内の保育園で勤務していた場合、保育園入園が配慮される

<千葉県>

○成田市

【なりた手当】
→勤続1~3年以下   6000円/月
→勤続16年以上  2万1000円/月

○船橋市

【ふなばし手当】
→給与に上乗せ 4万2330円/月
→賞与に上乗せ 7万5060円/年

※正社員だけでなく、フルタイムのパートも対象

【家賃補助】
→法人が借り上げた部屋に対して最大8万2000円の家賃補助(市内限定)

○柏市

【給与補助】

・正社員保育士
→4万円~4万3000円/月の補助
※4万3000円の場合
4万円は本人
3000円は園の裁量で対象者or対象者以外に支給してもよい

・通常保育に従事する保健師・看護師
→3万円~3万3000円/月の補助
※3万3000円の場合
3万円は本人
3000円は園の裁量で対象者or対象者以外に支給してもよい

・パート勤務(保育士)
→1日6時間以上かつ月20日以上勤務を対象に月額2万円の補助

【家賃補助】
→法人が借り上げた部屋に対して最大8万2000円の家賃補助

対象者
・保育士資格を所有している
・正社員である
・採用されてから5年以内
・住居手当その他これに類する手当を受けていないこと
・柏市内であること

○松戸市

【松戸手当】
→勤続1~12年  4万5000円/月
→勤続13~20年  4万6000円~7万2000円/月

【市長が表彰・記念品を贈呈】
→市内同一保育園にて10年間勤務した保育士が対象

【新卒保育士】
→就職費用10万円上限に貸付
※採用から2年間継続して市内保育園で勤務した場合は返還免除

市内の賃貸物件から勤務する場合、家賃の一部(3万円)を補助

○市川市

【いちかわ手当】
→毎月の給与から2万円~9万9573円加算される。
※対象の保育園のみで額は勤続年数・人件費割合で決定

【家賃補助】
→法人が借り上げた部屋に対して最大8万2000円の家賃補助

【準備金】
→新しく市内の保育園で働く場合、新生活のための準備金で上限10万円の補助がある
※就職後、2年間継続して勤務した場合は返還免除

○千葉市

【給与補助】
→正社員保育士、みなし保育士になる保健師・看護師に関しては月額最大3万円の補助

→有資格のパート:1日6時間以上かつ月20日以上の勤務をしていれば対象

対象の園
・認可又は認定を受け、処遇改善等加算の認定を受けた民間の園

<埼玉県>

○さいたま市

【給与補助】
→給与に上乗せ 1万500円/月
→賞与に上乗せ 6万7500円/年

対象者
・対象施設にて勤務する常勤保育士で施設に採用されて10年以内の方
※同一の人による継続利用は5年まで
常勤:1日6時間以上かつ月に20日以上の方

○戸田市

【給与補助】

市内の保育園で新規採用になった場合
→初年度20万円
→翌年 10万円

賞与も上乗せ
→20万円/年
※2018年度~2022年度までの5年限定

【家賃補助】
→法人が借り上げた部屋に対して最大8万2000円の家賃補助
※2017年度~2021年度までの5年間限定

【その他】
→スキルアップ研修
→保育アドバイザーの支援
 
如何だったでしょうか。
今回、自治体が発表をしている所をお伝えしました。
私が調べた段階での情報となりますので、場合によっては終了や変更になることもありますので最新情報は各自治体にお問い合わせをすることをオススメします。

この他の自治体に関しても給与補助はないがキャリアアップの支援や保育園入園への配慮などを実施している自治体もありますので、気になる方は是非問い合わせをするといいでしょう。

また、現在は実施していない自治体に関しても議論をしている自治体もありますので今後増える可能性はあります。
保育士として働くことを検討されている方は、この機会に通えるエリアで補助があるかどうかを調べてみるのは如何でしょうか。
 
この他にも保育士ライターさんによるコラムや、保育士さんの疑問について解説したコラムを随時掲載をしています。
その他のお役立ち情報は↓コチラ

保育お役立ち情報公開中♪

 
 
また、はぴほいくでは南関東を中心に最新の求人や大人気の保育施設求人も掲載中
保育士としてお仕事を探している方は下記のリンクから閲覧することができます。
東京
東京都の求人一覧

神奈川
神奈川県の求人一覧

千葉
千葉県の求人一覧

埼玉
埼玉県の求人一覧

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加