保育園・幼稚園での手足口病対策 |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

保育園・幼稚園での手足口病対策

今回はニュースにもなっている手足口病について特集をしたいと思います。
保育園で勤務されている方や家族で手足口病になったという方、今後のためにも学習しておきたいと考えている方は是非読んでいただければと思います。

手足口病とは?

手足口病は夏になると子どもを中心に患者数が増える感染症で子どもの三大夏風邪と呼ばれています。

7月にピークを迎える病気でウィルスが複数あるため何度もかかる可能性があります。
発症のほとんどが5歳未満ではありますが大人にも感染する病気です。

特に大人の方が子どもより症状が重くなることもあり、髄膜炎や脳炎などの合併症になる場合もありますので注意が必要です。

手足口病の症状とは

まず、感染経路は【飛沫感染・接触感染・経口感染】の3つになります。
感染してから2日~7日ほどの潜伏期間を経て発症します。
主な発症は、手のひら、足の裏や甲、口の中に3モリほどの水ぶくれ状の発疹が現れます。
人によっては発熱・腹痛などといった風邪に似た症状がでる方もいます。

手足口病になった場合の対処

十分な感染予防をしていても手足口病になってしまったら何をすればいいのか。
まず、ウィルスに効く治療薬がないため基本は自宅で安静にすることが大事です。
熱がある場合は市販の解熱剤を使っても問題はありませんが、脱水症状になら
ないよう小まめに水分の補給をしましょう。
口の中に発疹ができた場合は、食事や水分補給が難しくなります。特に子どもの体内の水分量の割合が多いため
乳幼児の脱水症状には注意が必要です。
もし、水分補給ができずぐったりしている場合は速やかに病院に連れていきましょう。

手足口病の予防・登園目安

手足口病に効く治療薬がなく安静にするしかない感染症なので、感染しないためにも予防が大切です。
また、感染してしまった場合、何日間安静にしなければならないのかについてまとめました。

【予防】

症状が落ち着いてからも口などの呼吸器からでも最大2週間、便からも最大4週間はウィルスを排出し続けるので
手洗いを徹底しましょう。
また、保育園などではおもちゃなどの貸し借りなどで付着したウィルスによって感染が拡大しますので消毒、
他にはおむつなどの交換後にはしっかりと手洗いをして接触感染を防ぎましょう。
飛沫感染の予防はうがいを念入りにしつつ、感染した子どもを看病する場合はマスクの着用をしつつ念入りに
手洗い・うがいを行いましょう。

【登園目安】

基準はなく、あくまで症状の重さで決まります。
発熱や発疹などの症状が回復した場合は登園をしても問題はないでしょう。
目安は食事ができるようになり且つ症状が回復していれば登園は可能です。
ただし、施設ごとに基準があるので施設の方に相談をしましょう。

 
 
如何だったでしょうか。
今回はニュースにもなっている手足口病について特集をしました。
現在、保育園で働かれている方に関しては参考にしていただければと思います。

この他にも元保育士ライター、元保育士の編集部スタッフによるコラム・お役立ち情報を随時更新しています。
今までのコラムを閲覧したい場合は、下のリンクから閲覧することができます。
その際はブックマークをしておくと便利です。

【お役立ちページへのリンク】
その他のお役立ち情報は↓コチラ

保育お役立ち情報公開中♪

また、はぴほいくでは南関東を中心に保育士。幼稚園教諭などの派遣・正社員などの求人を取り扱っています。
人気の駅近保育園や、小規模保育施設の求人も多数掲載しています。
下のリンクから各エリアページに行けますので是非ご利用ください。

東京都はコチラ

東京都の求人一覧

神奈川県はコチラ

神奈川県の求人一覧

千葉県はコチラ

千葉県の求人一覧

埼玉県はコチラ

埼玉県の求人一覧

 
 

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加