扶養内で働く~扶養内控除について~ |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

扶養内で働く~扶養内控除について~

ご結婚をされて「扶養内で働きたい」とご相談を受けることが多いのですが、以外と知られていないのが年収額を幾らにするかです。
昨年、税制改正により扶養内の年収額に変更がありました。

103万、130万、150万、201万などの金額が出てきて、よく分からないという方もいらっしゃると思います。
そこで、今回は扶養控除・扶養内について特集をしたいと思います。
 


 

「扶養内」とは何?

扶養内で働きたいとご相談を受けますが、具体的な話をお聞きすると「?」になる方がいらっしゃりますので解説をしたいと思います。

まず、扶養内で働きたいということは扶養控除が受けられる範囲内で働

くことを意味しています。

ここで出てきた「扶養控除」について解説をしますと、扶養控除には「税制上の扶養」と「社会保険上の扶養」の2種類があります。
この2種類をさらに詳しく説明すると以下の通りです。

税制上の扶養控除・・・所得税や住民税の控除
          配偶者控除・配偶者特別控除

社会保険上の扶養控除・・・健康保険や年金

☆配偶者控除とは?

→納税者に年収103万円以下の配偶者がいた場合、納税者の税負担が軽減される制度
最大で38万円が控除されるが、納税者の年収が一定を超えると(年収1120万円)段階的に控除額が減額される。
年収が1220万円を超えた場合に関しては控除額は0円になってしまう。

☆配偶者特別控除とは?

→配偶者の年収が仮に103万円を超えてしまい控除の適用外になってしまった場合でも年収201万円までは納税者の税負担が権限される制度
配偶者控除と同様に最大38万円までが控除されるが、配偶者と納税者の年収額に応じ段階的に控除額が減額されていく。
もし、配偶者の年収が201万円を超えた・納税者の年収が1220万円を超えた場合に関しては控除額は0円になってしまう。
 
 

103万円の壁とは?

扶養内で働こうとお考えの方ならご存知だと思われる「103万円の壁」
103万円、130万円以外にも様々な金額が出てきて混乱されている方もいらっしゃると思いますので、税制上の扶養と社会保険上の扶養に分けて解説します。

 
【税制上の扶養】

・100万円の壁・・・この額を超えると住民税が発生する
        ※自治体により異なるケースもあるので要確認

・103万円の壁・・・この額を超えると所得税が発生する

・106万円の壁と130万円の壁・・・税制上の扶養にはない

・150万円の壁・・・配偶者特別控除の最大額(38万円)が受けられる
        ※夫の年収によって変化あり

・201万円の壁・・・配偶者特別控除が受けられるギリギリのライン

 
【社会保険上の扶養】

・106万円の壁・・・自身の勤務先で保健加入の義務が発生する
        ※従業員数・勤務日数や時間などの条件も含め判断

・130万円の壁・・・この額を超えると夫の社会保険の扶養から外れる
        ※従業員数・勤務日数や時間などの条件も含め判断

※税制上の扶養にあった「100万円、103万円、150万円、201万円」は、社会保険上の扶養にはない
 
 

交通費や通勤手当は年収に含まれるのか?

交通費に関して含まれるのか?含まれないのか?で悩まれている方もいると思います。
こちらは「税制上の扶養」と「社会保険上の扶養」によって違いがありますので解説します。

☆税制上の扶養の場合

→交通費や通勤手当は税法上、交通費・通勤手当は所得とされていないので年収に含まれません(非課税分)

※非課税とは?

電車やバスなどの公共交通機関を利用しての通勤なら交通費1か月分15万円までであれば非課税対象。
マイカーや自転車での通勤をしている場合は、通勤距離が片道2km以上であれば非課税です。こちらに関しても1ヶ月あたりの上限がありますので、以下に記載します。

・通勤距離が片道2km以上10km未満:4200円

・通勤距離が片道10km以上15km未満:7100円

・通勤距離が片道15km以上25km未満:12900円

・通勤距離が片道25km以上35km未満:18700円

・通勤距離が片道35km以上45km未満:24400円

・通勤距離が片道45km以上55km未満:28000円

・通勤距離が片道55km以上:31600円

 
☆社会保険上の場合

→金額に関わらず交通費や通勤手当は年収に含まれます。
交通費以外でも家族手当・住宅手当などの手当が付くものも年収に含まれます
 
 

控除額について

控除される額はご自身の年収や夫の年収により控除額が変わります。
下に配偶者控除と配偶者特別控除のまとめたものを記載しますので、ご自身はどこに該当するのかを確認すると良いでしょう。

 
【配偶者控除】103万円以内

☆夫の年収額

・1120万円以内:38万円

・1170万円以内:26万円

・1220万円以内:13万円

・1220万円以上:0円

 
【配偶者特別控除】

☆夫の年収額
  
・1120万円以内

→150万円以内:38万円
→155万円以内:36万円
→160万円以内:31万円
→167万円以内:26万円
→175万円以内:21万円
→183万円以内:16万円
→190万円以内:11万円
→197万円以内:6万円
→201万円以内:3万円
→201万円以上:0円

・1170万円以内

→150万円以内:26万円
→155万円以内:24万円
→160万円以内:21万円
→167万円以内:18万円
→175万円以内:14万円
→183万円以内:11万円
→190万円以内:8万円
→197万円以内:4万円
→201万円以内:2万円
→201万円以上:0円

・1220万円以内

→150万円以内:13万円
→155万円以内:12万円
→160万円以内:11万円
→167万円以内:9万円
→175万円以内:7万円
→183万円以内:6万円
→190万円以内:4万円
→197万円以内:2万円
→201万円以内:1万円
→201万円以上:0円

・1220万円以上:0円

 
如何だったでしょうか。

本日は扶養内で働きたい方や扶養内について知りたい方への特集をさせていただきました。
今回の情報が皆様のお役に立てば幸いです。

もっと詳しく知りたいという方や、扶養内で働くか正社員として働くか悩んでいる方に関してもお問い合わせを頂ければ弊社スタッフがご相談にのりますので気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ♪

今回の特集以外にも元保育士ライター・編集部スタッフによるコラム・お役立ち情報を随時更新中
下のボタンからページにアクセスができるので宜しくお願いします。
※ブックマークをしておくと便利です

保育お役立ち情報公開中♪

また、はぴほいくでは東京・神奈川・千葉・埼玉の保育士、幼稚園教諭、児童指導員などの求人を取り扱っています。
駅近や小規模施設などの求人、どこにも公開されていない非公開求人が掲載されています。
下記のリンクから各エリアのページにアクセスできますので、是非ご覧下さい。
 
東京

 
神奈川

 
千葉

 
埼玉

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加