保育士復帰にむけてのお役立ち情報~既往症~ |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

保育士復帰にむけてのお役立ち情報~既往症~


今回も前回に引続き保育士に復職、これから保育士のお仕事を始める方にむけたお役立ち情報を特集したいと思います。

今回取り扱うのは、既往症についてです。
是非、最後までご覧下さい。


 

健康調査票を確認しておこう

園児の入園記録などの中に健康状態について記載された書類がありますので、担当するクラスの園児の既往症などは必ずチェックをするようにしましょう。
園生活で配慮すべき既往症は以下があります。

・熱性痙攣・・・発熱時の対応、痙攣発生時の対応など

・鼻血が出やすい・・・鼻血が出やすい状況

・脱臼、亜脱臼・・・脱臼しやすい場所

・アレルギー、アトピー・・・アレルゲンの種類、除去食の有無、投薬の方法

 

→熱性痙攣とは

・熱性痙攣は主に6歳以下の幼児が38度以上の高熱を出した時や熱の上り際に起こりやすい

・突然、眼球が白めになって意識がなくなり、体や手足が硬直、がたがたと震え始める

・普通は1~3分程度で治まる。安静にして衣服を緩め、窒息予防のために顔を横に向ける

・痙攣を起こしている時は、呼んだり、動かしたりしないこと

<チェックポイント>

熱性痙攣を起こしたことがある子どもは、健康管理票などに記載があるので、担当クラスに既往症欄に「熱性痙攣」と記載されている子どもの平熱及び「熱が何度になったら、保護者に連絡する」ということを担任の先生と確認しておくことが大事です。

 

→鼻血が出やすい子ども

・鼻血が出たら、椅子に座らせて顔を下向きにして小鼻を真ん中方向にしっかり圧迫する(約10分)

・止まらない時は鼻の上から氷で冷やす。またはガーゼを詰めて止血する。

<チェックポイント>

鼻血を飲み込むと後で嘔吐の原因になるので口から出させる(上を向かせない)

 

→脱臼、亜脱臼しやすい子ども

脱臼を起こしている場合、次のような症状がみられる

・関節部の痛みや膨脹

・関節の変形

・関節を軸にその先の部位が正常に動かせない

・脱臼をした部位が短くなっている

<チェックポイント>

脱臼を起こしやすい園児も既往症に記載されているので腕を引っ張ったり、鉄棒にぶら下がるなど、運動の際に気をつける。

 

→アレルギーやアトピー

●アレルギー対応

アレルギー対応については、各園でガイドラインや対応フローを設けていると考えられます。
また、園児の健康調査票などにも記載があるので、ご自身が担当するクラスの担任の先生と「誰が、何のアレルギー」があるかを確認し、除去食(アレルゲンを除いた給食)対応の園児を間違えることのないように細心の注意をはらうことが要求される。

 

食事に対するアレルギー対応

①:席を別にする(除去食の園児は一ヵ所に集まって座る)

②:決められた職員(正職員)配膳する。

③:除去食の園児の横に職員がつき、目を離さないようにする。

④:食べ終わった子どもが着ている物に食べこぼしが無いか良く見て、教室全体に散らばらないようにし、食後直ちに清掃する。

 

保育士の健康管理

・風邪の予防はしっかりと

保育の現場を離れていて、久しぶりに復帰すると子どもから風邪をもらいやすくなります。
それは子どもの病気への免疫力が落ちていることが原因と考えられます。
風邪が流行る時期は、マスクを着用し声を出した後は必ずうがいをするなどを徹底しましょう。
また、感染症を防ぐためにも石鹸を使用して手洗いをすることが必須です。
 
 
如何だったでしょうか。
今回も含め全3回にわたって復職をお考えの方へ向けた特集でした。

ブランクがあって不安な方だけでなく、資格はあるけど保育園での勤務がない方などは

是非、前回・前々回もご覧になって頂ければと思います。

この他にも元保育士ライターや編集部スタッフによるお役立ち情報やコラムを随時更新

しています。
下のボタンからコラムページに飛ぶことができるのでブックマークを宜しくお願いします。

その他のお役立ち情報は↓コチラ

保育お役立ち情報公開中♪

また、はぴほいくでは南関東を中心に保育士・幼稚園教諭、児童指導員などの求人を多数掲載しています。
駅近から小規模施設、その他に他にはない非公開求人などもございます。

下のリンクから閲覧可能ですので、お仕事をお探しの方はご利用ください。
 
☆東京都おすすめエリア☆
 
港区の求人  板橋区の求人  千代田区の求人
 
☆神奈川県おすすめエリア☆
 
横浜市の求人  川崎市の求人  藤沢市の求人
 
☆千葉県おすすめエリア☆
 
千葉市の求人
 
☆埼玉県おすすめエリア☆
 
さいたま市の求人  川口市の求人

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加