こんな時だからこそ感染予防 |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

こんな時だからこそ感染予防

感染予防のおさらい第2弾ということで、前回のマスク編から手洗い・うがいにプラスしてマスクの装着について復習をしていきたいと思います。

あくまで私の体感での話になりますが、去年の今時に比べると全体的に緩くなったというか、危機感が薄れてきているのかなと感じることが多くなりました。
去年に比べ変異種も蔓延していることから、今まで以上に警戒をすべきなので改めてチェックをしていただければと思います。
去年から変わらずしっかり対策をしてきた方はこれからも続けていってください。
私達、一人ひとりができることは手洗い・うがい・マスクぐらいしかありません。しかし、それだけでも大きな効果がありますし大切な家族や友人を守ることにも繋がりますので続けていきましょう。

それでは、おさらいに進みます。

マスクをしよう

マスクをするのが面倒だな~。適当に口だけ隠れればいいや、私はちゃんとマスクをしています。なんて人もいるのではないでしょうか。
ですが、正しくマスクをしていなかったり、マスクの取り外しなどができていない方がいらっしゃります。

なので、おさらいで解説していきたいと思います。

画像を見て街中でよく見かける間違ったつけ方の方は上の2つです。
鼻が丸見えの方や、鼻と口は隠れているけど顎が丸見えだったり、こういったケースだとくしゃみをした際に鼻からや、マスクとの隙間か出てしまいます。

マスクをしているのに鼻も口も丸見えは論外です。
ただ、ここで大事なのはマスクをしたからといって100%防げるわけではありません。
テレビで健康な人がマスクをしても意味がない。と解説されている方もいますが、呼吸器などに疾患がある方や高齢者などの介護をしている人、感染している人を看病している方はマスクをするべきでしょう。
また、介護はしていないけど高齢の方と一緒に生活をしている方もマスクの着用をおすすめします。

マスクをして安心ではない

マスクをして安心をされるとは思いますが、注意しないといけない点がありますので記載します。
既にテレビでも報道されているため、ご存知の方ばかりだと思いますが、目からもウィルスは入り感染することもあります。
そして、意外と知らないのが人間は無意識に顔や目の付近を触る癖があります。
なので、こまめに手洗いをするようにしましょう。
マスクを取り外す際は、マスク本体部分(表面)を持って外すのではなく紐の部分を持って外し、捨てる時はタフレン(スーパーで買った物をレジ袋に入れる際にお肉やお魚を入れる透明な薄い袋)に入れて口を閉じて捨てると良いでしょう。

外したあとは、しっかりと手洗いをしましょう。
大事なのは、

・マスク表面に付着したウィルスなどを触らないこと

・無意識に顔や目の付近を触ってしまうので、手洗いや消毒液でキレイにすること

咳やくしゃみ

「咳エチケット」をご存知でしょうか。
咳やくしゃみをした際にハンカチやマスクなどで飛散させないためのエチケットのことです。
マスクやハンカチを使わずに電車や街中で豪快にくしゃみをする方が、いらっしゃります。

画像を見てもらうと分かると思いますが、×がついている2つは論外です。
ご自身やご家族などでやっている方がいたら注意をしましょう。
また、これ以外に相手がいない方向にむかってくしゃみをする方もいますが、こちらもやめるべきでしょう。
くしゃみをすることにより飛散しますし、相手がいない方向とはいえ床や壁などに付着しますのでハンカチやマスク、最悪の場合は袖で口と鼻を塞ぎましょう。

手洗い・うがいをちゃんとやろう

私、ちゃんと手洗いしているけど。という方が多いと思います。
しかし、意外と忘れているケースもありますので復習も兼ねて書いていきます。

1:手のひらを合わせてよく洗う

2:手の甲を伸ばすように洗う

3:指先、爪の間をよく洗う

4:指の間を十分に洗う

5;親指をねじり洗いする

6:手首もしっかり洗う

7:しっかり泡を流す

手のひらや甲で手洗いが終わってしまう方がいると思いますが、イラストは6番までしかありませんが、全部で7工程あります。
目安は30秒以上となっていますので今日から始めてみましょう。

ここで、大事なのが手を洗った後の蛇口を閉める時です。
普通に手で閉めては手洗いの意味がありませんので、水道の栓を閉める時は、肘などを使いましょう。捻るタイプのものであればペーパータオルなどを使って閉じましょう。

まとめ

如何だったでしょうか。
おさらい企画、第2弾ということで手洗い・マスクについて特集させていただきました。
今回の内容はコロナウィルスだけでなく、全てのウィルスに大事なことですので読んで頂いたら家族や知人などにも話して頂ければと思います。

下記のリンクに一般家庭の方むけに東北医科薬科大学病院のHPにハンドブックが公開されています。
スマホだとページ数が多いので、ご自宅などのパソコンで開き印刷をしてみても良いでしょう。

東北医科薬科大学病院
ホームページはこちら

この他に過去に掲載したコラムにも感染症に関する特集をしていますので、お時間がある時にご覧頂ければと幸いです。
感染症コラムこちら

この他にも元保育士ライターや編集部スタッフによるお役立ち情報やコラムなどを掲載しています。
下記のボタンから直接アクセスすることができるので是非ブックマークを宜しくお願いします。

【お役立ちページへのリンク】
その他のお役立ち情報は↓コチラ

保育お役立ち情報公開中♪

また、はぴほいくでは南関東を中心に保育士・幼稚園教諭・児童指導員などの正社員や派遣の求人を掲載しています。
人気の小規模施設や駅近求人などもありますので新しい施設でのお仕事を探されている方、転職しようか悩んでいる方などは元保育士コーディネーターを含めたスタッフが全力でサポートしますので、お気軽にご連絡ください。
また、下のリンクから各エリアのページにアクセスすることもできます。

東京

神奈川

千葉

埼玉

この他に、TwitterやYouTubeチャンネルでも動画を掲載して情報を配信しています。
下のリンクからアクセスすることができるのでフォロー&チャンネル登録、宜しくお願いします♪

YouTube公式チャンネル

公式インスタグラム

公式Twitter(保育士応援)

公式Twitter(お仕事のご紹介)

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加