保母資格から保育士資格へ切り替える方法 |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

保母資格から保育士資格へ切り替える方法

ご結婚で苗字が変更になった際の保育士証名義変更については以前、特集をさせていただきました。
今回は一部の方になりますが保母資格から保育士資格へ切り替える方法についてお話をしていきたいと思います。
 
保育士証の名義変更はコチラ

保母資格って何?

年齢によっては、保母資格とは?になっている方もいらっしゃると思いますので、まずはココから説明をしたいと思います。
保母資格というのは、平成11年(1999年)まであった今でいう保育士資格にあたるもののことです。

なら、保母資格も保育士資格も同じなの?と思われるでしょうが、若干異なります。
平成15年(2003年)に国家資格として現在の保育士資格が誕生しました。これは保母資格とはまったく違うものです。

名前が変更されたのは、男性でも保母として働いている方が増えていること、「保母」という言葉が女性を連想させることから問題がありました。
また、平成11年頃に男女雇用機会均等法が改正され、上記のことも含め「保母」以外の名称に変更する必要が出てきました。
結果、「保母」から「保育士」に変更されました。さらに平成15年には上記で少し説明しましたが、保育士資格が国家資格になり保母資格とは別のものになりました。

 

つまり、どういうこと?

保母資格と保育士資格は似たお仕事をしますが、まったく異なる資格として扱われているため保母資格では保育士として働くことができません。
これだけを読むと保母資格を持っている人は、「え?じゃあ、この資格は意味ないの?」って、思うのではないでしょうか。
けっして、そんなことはありません。手続きを行えば保育士資格に切り替えることができます。

では、どのように行うのかについては次の段落で解説していきたいと思います。

 

保母資格を保育士資格に切り替えよう

切り替えるための方法ですが、保育士証の名義変更で送り先で紹介した「登録事務処理センター」に提出と振込をする必要があります。
手順は以下の通りです

1:保育士登録の手引きを取り寄せよう

保育士登録の手引きには、申請の方法(書き方)や申請に使用する書類が入っています。
これは郵送で取り寄せる形になっていますので、以下のものを用意しましょう

・返信用封筒:角形2号×1通
・返信用封筒を送付するよう封筒:1通
・返信用封筒を送付するための切手:次の段落で説明

2:返信用封筒と切手料金について

まず、返信用封筒にやらなければならないことは

・返信用封筒に郵便番号と住所を記載
・ご自身の名前
・必要な部数
1部:140円  2~3部:250円 4~6部:400円
※速達の場合は料金が異なるので郵便窓局で確認をしましょう。

3:送付先

こちらは名義変更の時とまったく同じ場所

〒102-0083
東京都千代田区麹町1-6-2 アーバンネット麹町ビル6階
登録事務処理センター

送付の際は、送付用封筒の表面左部分(切手の下)に「保育士登録の手引き〇部」
分かりやすいように文字は赤文字にして書きましょう。

4:切り換えに必要な手数料を振り込もう

保育士登録の手引きが届いたら、手数料となる4200円を振り込みましょう。
金額に関しては変更される可能性もあるので事前に公式ホームページにて確認をしておくと良いでしょう。

振込に使うのは用紙は手引きに同封されている専用の振込用紙に氏名を記入し使用しましょう。
また、ついついATMで済ませてしまう考えの方がいるかもしれませんが、名義変更の時と同様に必ず窓口で振込を行ってください。

5:振込が終わったら

手数料の振込が完了したら、最後のステップです。
以下の必要書類を登録事務処理センターに郵送します。

・保育士登録申請書
・振替振込受付証明書
・保育士となる資格を証明する書類の原本

以上の書類を簡易書留で再び登録事務処理センターへ送付して切り換え作業は終了です。

 

手元に届くタイミングは?

申請から交付までにかかる期間は、2か月程度となっています。
が、受付時の状況やコロナによる影響もありますので、気になる方は事前にセンターに問い合わせをするのもいいでしょう。

如何だったでしょうか。
今回は現在、保母資格を所有している方へ向けての資格切り換えに関するお話でした。
保母資格を所有していたが今まで保育に関わるお仕事をされていない方などは、今一度ご自身がどちらの資格なのかを確認して頂き必要な方は是非、切り換え申請を行って頂ければと思います。

この他にも、元保育士ライターや元保育士の編集部スタッフによる、お役立ち情報・コラムなどを定期的に更新中。気になる方はブックマークの登録を宜しくお願いします。

【お役立ちページへのリンク】
その他のお役立ち情報は↓コチラ

保育お役立ち情報公開中♪

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加