保育士資格所有者が幼稚園教諭免許を取得する方法 |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

保育士資格所有者が幼稚園教諭免許を取得する方法


今日は保育士資格を持ち保育士として働いている人が、幼稚園で働くために資格を取得するためには何が必要かについてとり特集したいと思います。

年代によっては学校を卒業した段階で保育士資格と幼稚園教諭の免許を両方取得している場合があります。
今回は両方ではなく片方、保育士資格だけを取得して保育士として働いている方が幼稚園で働きたいとなった場合どうすればいいのか。といった特殊なケースについて書きますので、実際に検討されている方は最後まで読んでいただければと思います。
 


 

学校や通信教育を受けないとダメなのか?

実際に保育園から幼稚園へ職場を変更するにはどうすればいいと思いますか?
大半の人がまた学校に通ったり、通信教育を受けないといけないと考えるのではないでしょうか。

正解は…

保育士資格があり、3年以上の実務経験があった場合、「幼稚園教諭免許認定試験」を受けることができる。その試験に合格した場合、幼稚園教諭2種免許を習得できます。※受験条件あり

 

認定試験を受けるための資格は

では、実際に認定試験を受けるためにはどのような資格が必要なのでしょうか。

1:幼稚園での勤務

2:認定こども園での勤務

3:以下に該当する施設

・児童福祉施設

・認定こども園である認可外保育施設

・地域型保育事業として認可された小規模保育施設

・地域型保育事業として認可された事業所内保育施設

・公立の認可外保育施設

・幼稚園併設型認可外保育施設

・認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書が交付された認可外保育施設

以上のいずれかの施設で3年以上勤務(勤務時間が4320時間以上)された方が受験資格を得れます。

4320時間と見ると月に何時間なのかが、パっと出てこないと思いますので書いておきます。

4320(時間)÷ 3(年) =1440(時間)/年

1440(時間)÷ 12(か月)=120(時間)/月

つまり、3年間毎月120時間以上勤務をされれば条件を満たすことになります。
また、職務内容が合致していれば非常勤・派遣も含め雇用形態を問わずに算入できます。

 

試験内容や合格に必要な点数は?

では、実際の試験はどのようなものなのでしょうか。
試験は選択式が2科目、論述式が1科目の合計3科目となっています。

保育士試験のように何点満点なのかについては不明となっていますが、合格に必要な点数は6割以上と保育士試験と同じ6割以上となっています。

合格人数、合格率、出願者数などはすべて非公表、試験時間が保育士試験より短いため、試験にむけての勉強がカギになりそうです。

 

幼稚園教諭の1種と2種の違いは?

1種と2種での違いがあるのかについてですが、仕事の面に関しては特にありません。
が、働く幼稚園によって、その差が違うため具体的な金額はお伝えできませんが、待遇面での差が出てしまいます。

 

2種から1種へ切り替える方法は?

もし、将来は幼稚園で園長になるんだ!って目標がある人は1種の免許が必要になります。
では、どうしたら1種に切り替えることができるのか…

方法としては、実務経験が5年以上ある方であれば、各自治体が定めている大学などで所定の単位を修得すると1種免許を取得することができます。
修得する単位数は、実務経験年数によって違いがあり、5年であれば45単位、実務経験が1年増えるごとに単位が5単位ずつ減っていきます。実務経験が12年になると必要単位は10まで減ります(最低10単位)

1種と2種で待遇の差がどれくらい出るのかは不透明ですが、実務経験が長い方が必要な単位も少なく負担が少ないのではないかと私は思ったりしますが、そこは人によって違いますので1種に切り替えたいとお考えの方は何を優先にするかを考えておくといいでしょう。
 
 
如何だったでしょうか。今回は保育士資格を持っている人が幼稚園教諭免許を取得するにはどうしたらいいのかについて特集をさせて頂きました。
 
はぴほいくでは、元保育士ライター・編集部スタッフによるコラム、お役立ち情報などを随時更新しています。
下記のボタンから現在公開しているコラム等を閲覧することができるので、是非ブックマークを宜しくお願いします。
 
【お役立ちページへのリンク】
その他のお役立ち情報は↓コチラ

保育お役立ち情報を読む♪

 
 
この他に、TwitterやYouTubeチャンネルでも動画を掲載して情報を配信しています。
下のリンクからアクセスすることができるのでフォロー&チャンネル登録、宜しくお願いします♪

 
YouTube公式チャンネル

公式インスタグラム

公式Twitter(保育士応援)

公式Twitter(お仕事のご紹介)

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加