さいたま市・子育て保育士の貸付金 |【はぴほいく】

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

さいたま市・子育て保育士の貸付金

こんにちは。
本日は、さいたま市で開始される取組をご紹介します。
子育て中の方や、これからお子さんを持ちたい方は注目のニュースです。


子育て保育士に貸付金/さいたま市 年間12万円を上限に

さいたま市は保育士確保のため、8月から未就学の子どもがいる保育士に、ベビーシッターの利用料などとして年間約12万円を上限に貸し付ける。市内の保育施設で2年間勤めれば、返還義務は免除される。子育て中の保育士が働きやすい環境を作り、離職を防ぐのがねらい。国の交付金も活用し、補正予算案に約1630万円を計上する。

 対象となるのは、市内の認可保育園、認定こども園、小規模保育園などで働く保育士。ベビーシッターやファミリーサポートを利用する保育士に、市社会福祉協議会が窓口となって利用料を2年間まで貸し付ける。

 清水勇人市長は1日の定例記者会見で「保育士の安定的な確保につなげたい」と述べた。

(2017/6/2 読売経済新聞より)


保育に限った事ではないですが、出産を機に職場から離れる方はやはり多いですよね。
この取り組みによって、「現場に復帰したくてもまわりに親戚もいないし難しい」と感じていた方などが復帰するきっかけになるかもしれません。
各自治体が保育士確保の為に様々な取り組みを模索しているので、今後も注目していきたいと思います!

Person’s株式会社では、千葉県内の保育園や病院内・施設での
保育士・栄養士・調理師さんのお仕事の求人をたくさんご用意しております♪

新着求人を日々掲載していますので、
お仕事をお探しの方、ご検討中の方、この機会にぜひいかがでしょうか?

詳しくははぴほいくをご覧ください★”

トピック一覧に戻る

この記事を読んだ人におススメの記事

おすすめ求人

このエントリーをはてなブックマークに追加