埼玉県さいたま市中央区の扶養内勤務OKの保育士求人・転職ならはぴほいく

無料相談する

土日・祝日を除く9:00~18:00

埼玉県さいたま市中央区の扶養内勤務OKの検索結果

5件の求人 1-10 件を表示

職種から探す

勤務形態から探す

【埼玉県さいたま市中央区 】【さいたま新都心駅】乳児のみ・定員12名の事業所内保育室♪パート保育士募集★週3日~OK☆ 保育士 マイカー通勤OK

◎事業所内保育室で、パートの保育士さんを募集します。

◎定員12名程度で、生後57日~2歳児のお子さんをお預かりしています。

◎家庭的な雰囲気の中で、一人ひとりのお子様を大切にする保育を実践しています♪

◎勤務時間 7:3 ...

続きを見る...

08月07日登録

給与
【時給】950円~1,100円 ※勤務時間帯により異なる
勤務地
埼玉県さいたま市中央区本町西
応募資格
保育士資格(必須)
勤務時間
7:30~20:00(内6~9h程度)

詳細情報を見る

【埼玉県さいたま市中央区 】【さいたま新都心駅】産休代替の派遣保育士さん募集★乳児のみ・定員12名の事業所内保育室♪即日~年度末まで◇ 保育士 産休代替

◎事業所内保育室で、産休代替の派遣保育士さんを募集します。

◎定員12名程度で、生後57日~2歳児のお子さんをお預かりしています。

◎家庭的な雰囲気の中で、一人ひとりのお子様を大切にする保育を実践しています♪

◎勤務時間  ...

続きを見る...

08月07日登録

給与
【時給】1,300円.
勤務地
埼玉県さいたま市中央区本町西
応募資格
保育士資格(必須)
勤務時間
7:30~20:00(内実働6~9h程度シフト制)

詳細情報を見る

【埼玉県さいたま市 】【与野駅/保育士派遣求人】★駅徒歩3分/週4日~/14:00~19:30/時給1100円/パート/小規模保育園にて保育士さん募集★ 保育士 駅チカ

≪保育士業務を担当していただきます≫

●JR京浜東北線与野駅徒歩3分の小規模保育園
 
●0歳~2歳児 定員19名
 
●フリーの保育補助業務になります♪
 
●平成29年4月開園の小規模保育園です!
 
●クラスは担 ...

続きを見る...

02月28日登録

給与
時給:1,100円~1,200円
勤務地
埼玉県さいたま市中央区下落合
応募資格
保育士資格(必須)
勤務時間
14:00~19:30 

詳細情報を見る

【埼玉県さいたま市 】【保育士/パート求人】★駅徒歩3分/時給1,000円/JR埼京線北与野駅/定員19名の小規模保育園にて保育のお仕事★ 保育士 扶養内勤務

≪保育士業務を担当していただきます≫
 
●0歳~2歳児 定員19名

●開園3年目になる小規模保育園で家庭的な雰囲気
 
●早番パートさんを募集致します。
扶養内希望の方もご応募お待ちしております ...

続きを見る...

02月28日登録

給与
時給1,000円~※経験考慮致します
勤務地
埼玉県さいたま市中央区上落合
応募資格
保育士資格(必須)
勤務時間
7:30~ 1日3時間~

詳細情報を見る

【埼玉県さいたま市 】【与野駅/保育士/パート求人】★駅チカ徒歩3分/週4日~/14:00~19:30/時給1000円/小規模保育園にてパート保育士さん募集★ 保育士 主婦歓迎

≪保育士業務を担当していただきます≫

●京浜東北線与野駅徒歩3分の小規模保育園 

●0歳~2歳児 定員19名
 
●フリーの保育補助業務になります♪
 
●平成29年4月開園の小規模保育園です!
 
●クラスは担任制 ...

続きを見る...

02月28日登録

給与
時給:1,000円~研修期間中950円
勤務地
埼玉県さいたま市中央区下落合
応募資格
保育士資格(必須)
勤務時間
14:00~19:30 

詳細情報を見る

< 前のページ | 1 | 次のページ >
このエントリーをはてなブックマークに追加
昨今、不況からなかなか脱出できず、給料は横ばいながら物価や税金が上がってきて、共働きの必要性がさらに迫って来ていているのです。
それにも関わらず保育園の待機世帯が多く、今、早急に保育士の求人が求められているのです。
特にさいたま市中央区は東京二十三区にもほど近く、県内としても栄えているところでありながら都内よりも物価や家賃がやや低く、共働き世代が数多く暮らしているのです。
それゆえ保育園を望んでいる人が多いのですが、未だに行政はフォローしきれていないのが現状だったりするのです。

さいたま市中央区に限りませんが、今、保育園の数が足りないのは保育士を確保できないこともあって、その理由が大変な職業にも関わらず、給料のや安さや仕事時間の長さなどがあげられるのです。
それに加えてモンスターペアレントの問題も近年になって大きくなってきていて、なかなか働き手が見つからない、育たないというのが保育園不足の原因となってしまっているのです。
それゆえなるべく保育士が働きやすい環境を作ること、むしろその方がいろいろな面から理想的であり、単純に保育園の数を増やすというハード面だけではなく、人材の育成、働きやすい環境づくりというソフト面を重視することが求められているのです。

子育て世代は何かと金銭がかかるもの、しっかりと共働きをするためにも、安心して任せられる保育園を確保することが何よりも大切になっていて、早急に求められているのです。